【人生でやりたい100のリスト】自分に正直に素直に生きられたら幸せだなぁ

100リストアイキャッチ

山岡愛未です。

 

私は、今31歳です。(2017年9月現在)

 

ここ2・3年で心理学に出会い、カウンセリングを受け、セミナーに通い、メンターに出会い、仲間が増え、自分がいかに自分を殺して生きてきたかを知りました。

 

「やりたいこと・好きなことをやる」よりも「こうあるべき」ばっかり優先してきたなぁって・・・

 

あいみ
もう、そんな思い込みはいらん!!

 

自由に気ままに素直に正直に好きなことをして生きる!だって、もともと飽き性なんやし・・・

 

んじゃ、私って具体的にどんなことが好きで、何がやりたいの?と思ったので、いろんなブロガーさんがやっている・・・

 

人生でやりたい100のリスト

 

を自分でもやってみることにしたのです。

 

スポンサーリンク

 

そもそもの発端は『人生の100のリスト 著者:ロバート・ハリス』

 

この本が話題になったんですね〜知らなかった!『人生の100のリスト』

 

せっかくなので、もうリストは作っちゃたんですけれども、読んでみようと思います。(出来たら、レビュー書きますね〜)

 

【人生でやりたい100のリスト】を上げる目的を深く掘り下げてみる

 

ちょっと大きな話になるのですが、まだ日本って戦後をひきづっている部分がある思うんですね。

 

当然、私は戦争を知らない世代です。

 

だけども、私のおばあちゃん(81歳)は戦争を知っています。

 

我慢がいっぱいだったはずです。というか、生きることに必死で我慢しているという感覚もなかったと思うんです。(あっ、ここでまた1つ、おばあちゃんに戦争の話を聞くという項目がリストに追加されたわ。)

 

必死に働いて、お金もなくて食べ物がなくても子どもを産み育てて・・・とにかく必死ですよ。目の前のことに!

 

その子どもは必死な両親を見て育つわけですよね。その子どもっていうのは、うちのお母様になります。

 

そして、うちのお母様も必死に「正しく良い母親でいよう。なんでも出来る力を子どもにつけさせてあげたい!私が出来なかったことを、この子たちには!」と私を育ててくれたのです。

 

ということは・・・私も・・・!?連鎖していっている?

 

『先祖代々伝わる問題』

 

ビジョン心理学のチャックスペザーノ博士のセルフセラピーカードにもあります。(大好きなカードです)

 

先祖代々の問題

 

私は「こうあるべき!」「なんでも自分で出来ないといけない」「やりたくないことでも、努力して出来るようにならないといけない!」を基準に生きてきました。

 

その基準は、母を見て、両親を見て、真似て身につけて行きました。

 

これが、もしかしたら私の先祖代々の問題ではないかなぁ?と思うのです。(私が引っかかる、気になるということは、おそらくそうなのでしょう。)

 

随分と、お母さんや先祖代々の思いも背負ってきたんだろうなぁ〜

 

自分の好きなことや、やりたいこと、正直な素直な気持ちなんて、全く優先させてこなかったんです。頑張ってきたわ私。これも、やっぱり両親や家族への愛なんですよね。

 

私の父も母も、めっちゃ愛ある両親なのですが「人生そんなに甘くない!」「好きなことだけして生きられるはずがない!」という思い込みがあります。(今でこそ、だんだんと取り払われてきてるけど〜)

 

でも、おばあちゃんの人生も、両親が私を育ててくれた方法も、間違いじゃない!

 

だからこそ、私が出来るようになったことは、たっくさんあるからです。結構、いろんなことが出来るよ!自分で言うのもなんだけれど・・・

 

ちょっと偉そうに聞こえるかもしれないけれど、私が好きなことをして幸せに生きていけるってことを、おばあちゃんや両親に見せてあげたいなって思うんです。

 

そして、私は今彼氏もいないし〜なんだけれども、結婚して子どもを産んだとき、我が子に

 

  • 自由に
  • 素直に
  • 正直に
  • 好きなように
  • 幸せな

 

人生を送ってほしいと思っているので、まずは自分がそんな風に生きておきたいなぁって思うんですよね〜

 

そしたら、そんな生き方がずーっと、これから先祖代々続いて行くかもしれないじゃないですか!

 

全ては愛だよ。ホント!

 

スポンサーリンク

 

【人生でやりたい100のリスト】を実際にやってみて感じたこと

 

まず、やりたいこと上げるとか、めっちゃ楽しいやん!ヒャッホー!と思って始めたのに・・・

 

100個上げるのが、めちゃくちゃ大変!

 

「え・・・?まだ40?やりたいことを書くのって意外に苦行!?」って思いました。(私は、心理学のセミナーでリストを上げるワークをよくやります。日々、お恨み帳も書いています。書くことには慣れている方だと思っていたのになぁ。)

 

実際にやっている人のブログを見に行ってみて「あー!なるほど!それ私もやってみたかったわ!」って思い出したりしました。

 

頭、カッチンコッチンになってる証拠かもなぁ〜って苦笑いしながら・・・

 

リストを作るにあたって、私が注意したことは・・・

 

  • 紙に自分の文字で書く(パソコンで打っちゃう方が楽かもだけど)
  • 常識にとらわれない
  • 自分の今の現状にとらわれない
  • 無意識にポン!と思い浮かんだものは、判断せずにリストに入れる(潜在意識からやってきたのかもしれないから)
  • 100とは言わずに、その都度加筆する
  • 途中で「あっこれ別にやりたくないわー」と思ったらリストから削除(気分屋だから)
  • 『したい』『欲しい』ではなく、『する』『置く』『作る』『身につける』と断定的な表現にする

 

人生でやりたい100のリスト

 

【人生でやりたい100のリスト】こんな人にオススメ

 

  • なんとなく楽しそうなので、やってみたい
  • 夢を叶えたい
  • 自分の気持ちを整理したい
  • 好きなことをして生きていきたい
  • 好きなことでお金を稼ぎたい
  • 好きな人と一緒にいたい
  • 好きな場所に行きたい
  • 幸せになりたい
  • 周りの人を幸せにしたい

 

人の数だけ目的はあるだろうけれど、とにかく幸せで、愛ある人生を送りたい人にオススメです。

 

そして、最後に私のリスト。結構赤裸々です。

山岡愛未の人生でやりたい100のリスト

スポンサーリンク
100リストアイキャッチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

心理学大好きな自分の心を見つめることが趣味の変態です。

『ありのままの自分を愛してあげる』をテーマに、人生なんだか幸せ〜人生楽しい〜自分大好き〜と思えるようになる方法を書いています。

個性的なものが好きで、目立ちたがり屋のくせにシャイです。

そして人が好きです。

➡︎詳しいプロフィールはこちら