若いから可愛いとかモテるとか・・・関係ない!女性は、みんな可愛いくて価値ある存在!

女の子

愛未(あいみ)です。

 

今回は、私の怒りのパワーによって記事を書きたいと思います。(怒りは私の原動力なのです。でも、そんなに怒ってないんだけどね〜どっちやねん!)

 

私が最近、イラっと感じるとともに「なんでそうなる!?」って感じたことです。

 

「そら若い子の方が可愛いし、男の人も、若い子と話す方が嬉しいし楽しいやろ〜」

「私は、もう若くないから、あかん(ダメだ)わ」

 

・・・

・・・

・・・

・・・

 

年齢は関係ないわ!!

 

というか、可愛さに、そんなしょうもない条件なんてないわ!!

 

 

今日は私なりの、考えをツラツラ書くと同時に、いくつになっても・・・

 

  • 女として、どうありたいか!?
  • どう女でいるか!?
  • どう女として愛されるか!?愛されたいか!?

 

あえて、女性と書かずに「女」と書いております。生々しいかなと思って。

 

ってことを真剣に考えていきたいと思います。

 

私の人生の目的であり、生きがいであり、生きる理由だからです。(とにかく、大切ってこと)

 

あいみ
というか、ぶっちゃけ自分の価値が「若さ」にあると言われたようで、イラっときたのも本音の1つ。(そんなにめっちゃ若くもないんですけどね)

言っている人も、そんなつもりはないのは頭では分かるんです。

自分の心を見つめる変態なので「なぜ自分が、怒りの反応を起こしたのか?」という自分の問題として考える視点は、もちろん忘れていません。

 

スポンサーリンク

 

 

「若いからモテる、可愛い」これは真実ではない!

 

若いからモテる、可愛いが適用されるのであれば、その逆をいっている私はどうなるのですか?

 

正直、若いころ(10代後半〜20代)の方が私は、とっつきにくい、可愛げのない女だったと思いますよ。

 

自分が、自分のことを良い女だとか、可愛いだとか、感じられなかったという意味が強いですけれど。

 

周りから、どう思われていたかは、分かりません。自分で自分のことを「私は可愛くないし、男性に相手にされない」とは思っていました。

 

自信を持って、今の自分は可愛いし、モテる!って言えます。もう三十路は超えましたけれどもね!あとは・・・

 

私より年配の女性・・・可愛い人いっぱいいるよ!?

 

男性(旦那さん)にめっちゃ愛されているっていうお話も、いろんなところで聞くよ!?

 

男性って、そんなに優しいの!?妻のこと、可愛いって言うの?ってびっくりするエピソード、いっぱい聞くよ!?

 

可愛いくてモテる女性は、その人だから可愛いしモテるんです!

 

自分が、可愛いということを認めてるんです、その人は。

 

自分の価値を受け取っているし、認めているんです。

 

これは自意識過剰なわけではありません。自分の価値を受け止められる人は勇気がある人だと思います。

 

子どもの頃から、挫折知らずの人も、もしかするといるかもしれません。でも、全くないという人はいないと思います。

 

私たちは大人になる段階で何かしら傷つく出来事を経験しています。

 

報われない片想いもあったかもしれないし、大好きな彼氏との別れもあったかもしれません。恋愛だけでなく、親子関係、人間関係や仕事の中でも傷つくことや、「自分なんて価値がない」と思ってしまうこと、誰しも経験していると思います。

 

自分の価値を信じられなくなることを、乗り越えて、それでも、より素敵な女性であることを信じる。

 

めっちゃ、本当の意味で強い人、美しい人だと思います。

 

そんな人は、素直なんです。

素直さは可愛さです。

素直な人に、人って安心します。

 

私は、素直な人、めっちゃ好きです。

 

その人だから可愛いしモテるんだ!と言いましたが・・・

 

「その人」には女性であれば、みんながなれるんです。

 

というか、女性というだけで価値があるんです。それに気づくだけというか、その価値ともう1度繋がることが大切なんです。

 

「私は、若くないし可愛くないしモテない!」とか拗ねてる場合ではない!

 

落ち込む女性

 

拗ねる気持ちは、めっちゃよく分かります。私も、大分長い間拗ねていたし、今でも、拗ねがぶり返すことがあります。

 

本当に、こじらせ女子だったんです。

 

こじらせるって拗らせるって書くのですね!知らなかった!まさに拗ねてることなんだなぁ〜!(話脱線)

 

「んじゃ、どうしたら良いのよ?」と怒りの声が聞こえてきそうですが、このブログを見つけて、今読んでいる人は、心を見つめる変態になれる才能があります。

 

正確に言えば、拗ねたらダメなんじゃありません。拗ねている気持ちを気持ちよく出せ!ということです。

 

その拗ねや、こじらせている思いを書け!書きながら、声に出せ!可能であれば、叫べ!

 

もう、私のブログでは毎回毎回、言っているかもしれませんが、感情(うんこ)を出せ!です。ここがスタートです。

 

 

それだけ、みんな自分の中に溜めすぎていると思うし、出したらダメだと思い込みすぎているんです。

 

私は、ここが「そんな感情を出すべきじゃない」「こんな感情を持つべきじゃない」「こんなことを思う私はイヤな奴だ。ダメな奴だ」って、ずーっと2・3年前まで思っていたんです。

 

それが、人生をしんどくさせている理由です。

 

女性としての魅力を封じ込めてしまっている原因です。

 

スポンサーリンク

 

女性はもっと気まぐれで良い

 

女性はもっと気まぐれで良い。感情の生き物だから、もっと感情を出して生きても良いんです。

 

大丈夫なんです。

 

嫌がる人もいるかもしれませんが(主に同じ女性)、嫌がっている人は自分もそうしたいのに出来ないだけです。

 

実際、私は自分の感情を出すこと、感じることを続けるうちに、だんだんと楽になり、とても素直になっていきました。

 

本音を話すようになると、同じ思いを我慢している人から、抵抗に合います。

 

お試しとか、神様からのテストと呼ばれるものですね。だから引っ込めなくても良いんです。シメシメと思いながら、お試しキター!と喜ぶ場面です。それだけ、自分が成長した、変化してきたってことだから。

 

「愛未は極端だ!」とキツく言われることもありました。

 

でも、しばらく経ってみたら・・・同じようなことを、その人も言っていることに気づきました!笑

 

なんだ〜本当は、その人も素直な気持ちを出したかっただけなのね〜

 

物分かりの良い女、どんな人からも好かれる女を目指す必要はないんです。

 

あなたの本音、素直な気持ちは、そんなに人を傷つけるもの?案外、そんなことはないはず。もっともっと本音は可愛いものだと思います。

 

気まぐれは、可愛いし、気まぐれはモテます。

 

男性にとって、女性の気まぐれはイヤなもんじゃないんですよね〜軽さがあるから。

 

表面上では「わがままだなぁ」とか「そんなこと言ってたらダメ」とか言う人もいるかもしれませんが、本意ではないはず。

 

ほら〜若いから、可愛いんじゃない!モテるんじゃない!

 

関係ない!ですよね?

 

本来の女性の姿に戻るだけ。誰でもなれる!女性であれば!

 

私は、もっと可愛い女に戻るための勉強をしています!

 

自分の感情に向き合うことができるようになりました。感情を感じる作業を日常か出来るようになりました。

 

過去の自分を思い返して、すごくすごく素直になれたなぁ〜と、成長にびっくりしているし嬉しいです。

 

でも、自分の中でまだ腑に落ちていないことが、たっくさんあって、もっとこんな自分になりたいのに、出来ない〜!って思っていることがあります。

 

自分が好きな男性に限って、感情が出せない問題

 

嬉しくて、心の中ではヒャッホー!って小躍りしているくせに、クールを装うってしまうんです。

 

自分が好きな男性に限って、褒められない問題

 

好きな人だから、めっちゃくちゃカッコいいって思っていることが、いっぱいある。素敵すぎる〜!すごい〜って思っていることが、いっぱいいっぱいある。

 

なのに、クールを装ってしまう・・・

 

何故なんだ・・・

 

恥ずかしいんじゃ!

 

喜び方や褒め方が分からないんじゃ!

 

いや、いつも通りの私でいたら良いのに!って思うんですよ。でも、なかなか、ブロックが1人で挑戦してみても外せないのです。

 

残念ながら、母が父を褒めたり、めっちゃ喜んで接している姿を見たことがありません。もしかすると、あったかもしれませんが自分の記憶の中にはないんです。(うちは代々、父親不在になる家系なのです。ひいばあちゃんの頃から)

 

印象的に残っているのは「パパは、あんたら娘のことは、ホンマに大切に思ってる。その気持ちは、ほんまに凄いし信用できる」と聞いた時ですね。母が父を褒めてるー!と思って、びっくりした瞬間です。娘としては、めっちゃ嬉しかったですしね。

 

身近にお手本がなかったのです。もちろん学校でも教えてくれないし・・・

 

男女関係・男女の違いについて、本当に知らないし、学んでいないんですよね〜・・・

 

私は、まだまだ自信がないし、男性と接することが、とても怖いのです。

 

男性が怖いのではなく、自分が失敗しないかとか、うまく出来ないのではないかとか、結局、男女は分かり合えないのではないか・・・そんな思いが出てきてしまうんですね。

 

「でも、諦めたくない」

 

だから、勉強しに行ってきます!

 

八馬ゆみさん(カウンセラー)の夫がずっと妻にときめく100年愛講座

 

まだ結婚もしていないけれど〜彼氏もいないけれど〜でも独身女性にもオススメだそうです。

 

また、講座参加後に学びをアウトプットしたいと思います!お楽しみに〜!

 

いくつになっても、みんなで可愛い女であり続けよう!

 

どんなに歳を重ねたって、今素直になれなくても、拗ねてても、こじらせてても・・・

 

女性であれば、みんな可愛い!可愛くなれる!

 

だから、出来るところから挑戦していけば良いと思うのです。

 

誰かと比べる必要はないし、人によって癒しや学びのステージは違うし、スピードも違うから。

 

私は、これだけは本当に譲れないくらい確信しています。

 

あなただから可愛くて、あなただから好きという男性は存在する!絶対!

 

自分で制限したり、条件をつけるのは止めよう!「若いから」はその一例ですね。これは真実ではありません!

 

「若いから可愛い」こんな言葉を聞いて、ウォー!と、たくさん湧いてきた自分の思いをウォー!と書いてしまいました。

 

こんな風に熱く文章を書くのが、とても好きです。読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
女の子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

心理学大好きな自分の心を見つめることが趣味の変態です。

『ありのままの自分を愛してあげる』をテーマに、人生なんだか幸せ〜人生楽しい〜自分大好き〜と思えるようになる方法を書いています。

個性的なものが好きで、目立ちたがり屋のくせにシャイです。

そして人が好きです。

➡︎詳しいプロフィールはこちら