【罪悪感の心理】それって愛なのだ!上手く付き合って幸せになろう!

罪悪感って、なぜ感じるのでしょうか?

 

それは、罪悪感を持つ対象(人)に愛があるからです!

 

旦那さんに、彼氏に、お母さんに、お父さんに、友達に・・・会社にとか、同僚に対してもありますね〜

 

悪かったなぁ。悪いことしちゃったなぁと思うのは、あなたがその人を大切に思い、愛しているからです。

 

そんな愛とか大袈裟なものじゃないよ〜!と思うかもしれませんが、そもそもに愛はそんなにすんごいものではありません。常にそこかしらにあるものなんです。そこかしらに当たり前にあるのに、美してあったかくて大切なものなんですよね〜!

 

話を戻します。

 

私たちは自分の愛に気づかずに自分を責めて過ぎてしまうことが多いようです。

 

そして、自分を責めすぎるあまりに、自分を罰しなければならないので・・・

 

  • 自分が幸せになることを選ばない!
  • 自分が幸せになることを許さない!

 

こんなことを無意識のうちにやってしまっています。

 

あいみ
今日は、自分が愛に溢れた人であることに気づきましょう! 私はそんな良いやつじゃない!違う違う違う!と言いたくなる!そんなあなたは最後まで読むこと!笑 

 

あいつは、絶対!悪いなんて思ってない!と思う相手がいる方も!最後まで読むこと!笑

 

今回は、自分が愛のある存在だということに、悶絶しながら気づいていきましょう!罪悪感を癒し自分が幸せになる選択をできるようにしていきましょう!

 

罪悪感って、どんなもの?

 

傷つけちゃった。優しくできなかった。大切にできなかった。愛せなかった。

 

そんな自分を深いなぁ。かったなぁとじているんですよね。それが罪悪感

 

ただ「ごめんなさい」と伝えるだけでは、済まされないように感じている・・・そんな感じでしょうか・・・

 

罪悪感をたくさん感じていると、どうなるの?

 

カウンセリングやセミナーなどでは、罪悪感を手放しましょう!ってお話によくなります。幸せになるために、とっても重要なことなんですね。それはなぜかというと・・・

 

強い罪悪感を持っていると自分を罰しなければならないので幸せを選べません。

 

自分は罪深い存在だから!そんな自分は罰しられなければならない!幸せになってはいけない!!

 

愛する人や、愛してくれる人から距離を置き離れたくなります。【愛を受け取ったり、与えること=幸せ】ですから。

 

自分の表面上の意識では、そんな風には考えていなくてもです。

 

むしろ、自分では「幸せになりたいのに、なんでいつも上手くいかないんだろう」って感じていると思います。

 

私、これを知った時にショックを受けました。「あれ〜もしかして私のことかもしれん・・・」

 

「なぜ、私は彼から離れようとするのだろう。なぜ、いつも同じパターンを繰り返すのだろう。」と疑問に思っていたことが、ここに答えがあるのでは!?と思いました。

 

それまでは「自分の性格や人格に問題があるのかもしれない。女性として魅力もないし、短所だらけだからだ」と思っていたのですけれども、どうも怪しい・・・

 

自分が悪いと思っていると補償行為を行います。

 

補償行為とは「これで、どうにか許してほしい」という気持ちから行う行動のことです。

 

これ結構やってると思います。どうですか?ちなみに私もやっています。(だいぶ減りましたので、自分がしんどいことはやらなくなりました。)

 

一見とても良いことをしますし、優しい行動でもあります。

 

しかし、そこにはあなた自身の「こうしたい」という気持ちがないのです。本当はやりたくないことでも、お詫びとしてやってしまうことになります。大げさに言うと・・・

 

罪を償っている

 

ずっと続いたらどうでしょうか。とても、しんどくなりますよね。

 

それって幸せな状態ではありません。無理をしていると「もう無理やで!」といつか爆発してしまいます。

 

そして、そんな補償行為からの優しさを向けられた相手も・・・果たして本当の意味で幸せなのでしょうか。

 

パッと見た感じ分からなくても伝わるものってあるんですよね〜特に女性には感が鋭く、なんか変だなぁって気づくんですよね。笑

 

「なんか!おかしいぞ〜!優しいけど!おかしいぞ〜」って分かってしまうんですよね〜自分でも怖い!(でも、思い込みが激しいところもあるので、勘違いも多いんですけれど・・・汗)

 

罪悪感を持っていると、すんごい悪い態度をとることもある!

 

悪いことしちゃったなぁって思って「ごめんね」って言えるのは、そんなに強い罪悪感ではありません。

 

罪悪感を感じている人の態度ってね・・・

 

めちゃくちゃ悪い態度

 

だったりもします。「あいつ、絶対悪いと思ってないやろ!」って怒り沸騰になるような感じの態度、そんな・・・

 

めちゃくちゃ悪い態度ほど、罪悪感って強いです。

 

  • 無関心になったように離れる
  • 無視をする。
  • 逆に相手を責める。
  • 暴言を吐く。
  • 暴力を振るう。

 

これ、絶対悪いと思ってるようには思えないじゃないですか。違うんです。

 

自分を責めて責めて責めて、もう責めきれないー!って思ったら、相手を攻撃しちゃうんです。

 

怒っている人

 

すんごい不思議なことかもしれませんが、これね私もやってましたよ!ごめんって言えないから、悪いと思っていても自分を正当化しちゃったり・・・してました。

 

自分で抱えきれなくなったら、相手に対して「苦しい!助けて!」って、投げつけてしまうのが人なのかもしれませんね〜

 

そして、そうやって人を攻撃してしまったことで、自分をまた責めるのだと思います。罪悪感ってミルフィーユ状になっているのかもしれません。

 

そんな罪悪感を自分で選んでいる!

 

気づくことが出来たり、「なんとなくそんな気がしないこともない!」と思い始めましたでしょうか?

 

その罪悪感も私たちの一部ですから、自分の仕業ということになるのですけれど(衝撃)

 

自分が罪悪感を感じたいと思っているから、感じるのです。

 

だって、愛があるからでしょう?だから申し訳ないって思うんでしょう?ってことは、本当は愛したいんじゃない?そうなんだけれど・・・

 

私たちは、多分・・・いや絶対!結構なドMなのである!

 

愛したいから、素直に優しくしたいし大切にしたいけれど、でも恥ずかしさもあるし、自分は前に失敗してしまったこともあるし、上手く出来ないかもしれないし、罪深いし、そんな自分ではダメだー!と思っているし、そもそも上手く出来て愛し愛される幸せな世界に行ってしまったら、この私の罪はどうなる!?許されていいのか、いや、良いはずはない!!!!!!

 

ってことを意識出来ているか、出来ていないかだけの差で、みんな結構やっているんですよ!これがドMじゃなくて、なんなのでしょう?自分で自分に厳しく接しているんですよ〜

 

みんなドMですよ!仲間だよ!もちろん、私はそのトップ集団の中で走ってきた自覚・・・ありますよ!

 

あいみ
でも、だからこそ、みんな愛すべき存在じゃない!可愛いじゃない!って思えるようになった私もいます。どうしたら良いの!?というところをお話していきますね!

 

罪悪感との付き合い方・向き合い方

 

罪悪感を手放しましょう!と言うけれど、難しい!

 

「んじゃ、今すぐに私は罪悪感を手放すわ!それ!ポーイ!」とぶん投げられれば良いのですが、いまいち、分かりませんよね。

 

だって、今まで意識することなく生きてきたデフォルトの私なんだし!そもそもに愛なんだし!手放さねばならんの!?という話でもあります。

 

では、どうしましょう!?!?

 

罪悪感は適量を目指せば良い!0にはならないものだから。

 

もともとは愛なのだから。0にはならないものだから。

 

だから、私わざわざに「手放す」ってしなくてもいいと思ってるんです。おーい!って感じでしょ?私、あんまり厳しいことするの好きじゃないのです。笑

 

そこ真面目に考えだすと・・・

 

手放すことが出来ているのか、出来ていないかで悩んでしまうから。

 

これ、以前の私のことなんです。だって、根は真面目だから!笑

 

罪悪感は気づくだけでいいのです。

 

傷つけてしまった人、別れてしまった人、優しくできなかった瞬間、うまくできなかった自分。。

 

思い浮かべて考えて、苦しくなるのであれば、あなたは自分を責めています。でも、そうせざるを得なかった、いろんな事情があったんですよね。

 

私は罪悪感を私は持っている。そんなに自分を責めるほど、私は人を愛したいやつなんだ!って自分の愛に気づくだけでOK!

 

本当に、これが分かったら良いんです!もう、結論言っちゃったな〜どうしよう!笑

 

罪悪感に気づいて、愛に変換していく!

 

では、どうやって気づくの?というプロセスをご紹介いたします。

 

  1. このブログ記事を読んだことが、そもそも 罪悪感あるよ〜というお告げかもしれないと疑う 
  2. 私は、罪悪感を持っているという視点で自分の心を見つめる
  3. あっ!悪いと思っていると気づいたら「罪悪感を手放しています〜」と心の中で唱えて、お腹から黒い煙がモクモクと出るイメージをする。
  4. 気づいたら、やるように心がける。
  5.  その回数の多さにびっくりする。 
  6. なるほど、自分は罪悪感多いんだなと納得する。
  7.  でも、罪悪感=愛だからな!と変換する。 
  8. 自分って、愛をたくさん持っている存在なんだなと思うようになっていく!

 

こんな感じでやってみていただきたいなぁと思います。

 

私は罪悪感に罪悪感を重ね塗りしていました。

 

大切にしたかったのに、幸せにしたかったのに出来なかったから。

 

今は、こんな感じでお話しできるようになっていますが、めっちゃ自分を責めていて幸せを選べなくて、それが何故なのか分からなくて、毎日泣いているような人でした。

 

悪かったなぁと思う相手のことに心を割いていて、自分のこと考えられなかったんです。自分は1番後回しだったと、今の私は分かります。

 

私は、いつも思い浮かぶのですよ。愛して欲しかったけれど、愛したかったし、いろいろ与えてあげたかったなぁと。

 

不安な人には自信を。怖がりさんには安らぎを。自分は1人でいるべきだ!と言い放つ人には愛を。

 

「もっともっと自信もって大丈夫だよ!」って、その時から私は思っていました。でも、私は自分にまず自信が持てずにいました。大丈夫ー!って笑顔を向けることが出来なかったんです。

 

失敗しちゃった。出来ずに別れることになった。だから私は、本当にずっと自分が悪かったなぁって思ってました。

 

 もっともっと根底には、母や父に感じていました。家族みーんなにも感じていました。 

 

結構、家族の間で罪悪感が蔓延していることが、その後の人生でも罪悪感ベースで生きることに繋がっていたりします。お母さんに悪いなぁって思っちゃってる人多いですよ〜!だから、私はお母さんが苦しい人専門のカウンセラーなのです。

 

私は、そんなに自分のことを責めすぎていると気づいていなくて・・・

 

「あなたの大切な人が、あなたと同じことをしてしまって、罪悪感で自分を責めているとしたら、あなたはさらにその人にお前が悪い!と言いますか?」

 

これを聞いた時に、衝撃を受けました。

 

「言わない!責めない!」

 

むしろ「あなたは、そんなに悪くないよ。一生懸命だっただけだよ」と言ってあげたいです。

 

私はとんでもなく自分を悪いものと扱っているかもしれない!って気づきました。

 

んじゃ、他人に対してはそう思えるのに、自分に対して厳しくなるのは、逆依怙贔屓(えこひいき)ですよね!

 

あいみ
ちょっと、何の『逆』なのかは分からないんですけれど!

 

 なぜ、罪悪感は愛なの?

 

しつこいくらいに愛だ!とお伝えしてきました。ここまで、読んでくださった方は、もういいよ!って思われるかもしれませんが・・・

 

罪悪感を持つということは、その対象を大切に思っているから。すなわち、愛があるからです!

 

ほんっとうに、どうでもいいものに「ごめんね」って思わないし、言う必要性も感じません。

 

道端の石っころに向かって蹴飛ばして「ごめんね」って思わないです。(思う人はスピルチュアルな人なのかもしれない)

 

カラフルな石ころ

こんな石やったら、蹴りたくないなぁと思った。綺麗。

 

最後に・・・罪悪感=愛なんだなぁに繋がると変わっていく!

 

自分って、愛がある人なんだなぁと気づくと「私ってなんだか大丈夫なんだなぁ」って思えるようになります。地に足がつく。ドシッと構えることが出来るようになります。

 

愛って与えてもらえて幸せになるというイメージがあると思いますし、実際それも本当なのですが、なぜ人が苦しくなるかというと、自分の愛に気づかなくなるからです。そして・・・

 

愛する人=愛される人

 

自分の中の愛に気づくこと=相手の中の愛に気づくこと

 

でもあります。今まで感じることが出来なかった相手からの愛も感じられるようになり、受け取ることができるようになっていきます。循環していくんですね〜!

 

本当に大切なこと!自分の罪悪感は愛なんだな!って気づくだけ!これだけです!以上!終わり!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です