変わりたいのに変われないのは、変わりたくないと思っている自分を置いてけぼりにしているから

変わりたいのに変われないとき

このままじゃいけない!私、変わりたい!

 

そう思うことって、誰しも1度は経験したことがあると思います。私なんかは、1度ならず、2度3度4度・・・数え切れないほど、変わりたい!!!!って思ってきました。

 

私のカウンセリングを受けに来てくださる方は、変わりたい!と思って来てくださる方がたくさんいらっしゃいます。

 

なので、今回はなかなか現実が動き出さない時、それはなぜなのか?というお話を整理して記事にしておきたいなぁと思います!

 

あいみ

ちょっと衝撃的なところもあるかもしれません。

でも、なぜなのか?が分かると、アプローチの仕方も気持ちの持ちようも変わり、楽になると思います〜!

 

変わりたくないから変わらない。現実が動き出さない。

 

なかなか身を結ばない・・・とか。変わろうとは思うんだけど行動に移せない・・・とか。途中で、どうせ私には無理だったんだと諦めてしまう・・・とか。

 

そんな時、あなたに根性がないわけでも、能力がないわけでも、運がないわけでも、幸せになる資格がないわけでもないんです。

 

変わりたくないから、変わらない

 

そして、そんなことを言ってしまった暁には、私は「はぁ?何言ってんの?変わりたいって言ってるのに!!」という非難の目で見られるわけです。このカウンセラーちっとも分かってないわ!分かってくれへんわ!と思われてしまう・・・カウンセラーも大変なのです。

 

しかし、本当にふざけているわけではなく、変わりたかったら、今この瞬間から変わっているはずなんです。私たちには、望んでいることしか起きないんです。

 

変わっていない、望むことが起きていないのであれば、変わりたくないし本当は望んでいないということなんですね。

 

 変わりたいと表面上の意識で思っていても、心の奥底(潜在意識)で変わりたくないと思っている本音が眠っているそうです。 

 

眠っているんだけれども、圧倒的に心の割合で潜在意識は大きいので、表面上の意識(普段感じている感情)は負けてしまうんですね。

 

私が、顕在意識(表面上の意識)と潜在意識(無意識)の割合を説明するために書いた図です。(このブログではよく登場します。絵心・・・)

 

顕在意識と潜在意識

 

心の世界はシンプルなんです。複雑に思えるのは、私たちが頭で考え込むからです。どうしても悩むとグルグル考え込んでしまいますしね。

 

また、変化を人は怖れています。どれだけ「素晴らしい幸せな自分に変わることが出来るよ!」と言われても、慣れ親しんだ自分の方が確実に、よく分からない自分よりも、勝手知ったる自分なので安心できるんですね。

 

 「変わりたくない」気持ちは、ちっとも特別なことでもなく、あなただけが悪いわけではなく、人類皆共通に起こる心の動きです。 

 

自分がダメなんだなぁと思わなくてOK!

 

そして「じゃあ変わるな!」ということではありません。

 

「変わらなくても良いんじゃない?」とか「変わりたくないんじゃないかなぁ?」とは、状況によってはお伝えすることもありますが・・・

 

んで、また睨まれてしまうわけですが、そこでカウンセリング終わりませんので、ご安心くださいね〜!

 

実際のカウンセリングは、どんな感じ?

 

例えば、彼氏が出来なくて困っている、どうしたら彼氏が出来ますか?とカウンセリングを受けに来ていただくことがあります。

 

クライアント様
彼氏が欲しいので、友達に紹介してもらったり、コンパにも参加しているのですが、なかなか出来ないんです。

あまり興味がない方からデートのお誘いはあるんですけれども、最初から断るのもなぁと思って、1度お会いしてみてそれっきりということが多いです。

 

あるあるですね!ちなみに私も、めっちゃ身に覚えがあります。今。猛烈に汗が噴き出ています。笑

 

で、ここでいろいろな質問をさせていただくんですね。

 

あいみ
なぜ、興味がない方と会うのですか?

彼氏が欲しいのは、なぜですか?

 

クライアント様
1人では寂しいから。周りは、どんどん結婚していくし置いてけぼりになったようで、焦ります。

 

あいみ
その寂しさは、どこからくるのかなぁって思います。

以前にも、そんな風に寂しくて不安だったことはありますか?

 

とか!

 

クライアント様
結婚に焦っているんです。もう良い年齢だし、もうゆっくりしていられない!って思うんです。
あいみ
焦っているのは、どんな部分でですか?周りの影響でしょうか?私だったら、子どもを絶対に産みたいからとか理由になりますね〜○○さんの場合は、どんな理由がありますか?

 

とか!

 

あいみ
もし!もしで良いのですけれど、彼氏を欲しくないと思っているのならば、どんな理由がありますか?

 

もう、しつこいわ!と思われるくらい、質問させていただくんです。クライアントの方が話してくださることから、どんどん拾ってもいきます。

 

文章にすると、せっかちに感じるかもしれません。実際はじっくり聞かせていただくので、そんなにうるさかったり、せっかちではないはずです。

 

そして、「あっ!だから変わりたくないんじゃないかなぁ?」ってことを探っていきます。

 

 そうやってお話いただいていくと、ご自身でも「は!!私、本当は今は彼氏は欲しくない気持ちもあるな~」って気づかれたり、腑に落ちて納得されたり。 

 

私も、違う視点から、いろいろな見方をお話させていただきます。こういうこともあるかも?あんなことも、もしかしたらあるかも?ってな感じです。(その例↓↓)

 

  • 男性が怖い
  • セクシャリティを抑え込んできた母親を許す
  • 母親から離れたくない
  • 心配させたいし母親に助けられたいから幸せにならないようにしている

 

もう、何がなんだか分からないけれど「いやー!!」と絶叫したくなるような、そんなことを言ってくる私に怒りがわくようなこともあるかもしれません。

 

「自分の心が反応したなぁ」というところを見つけられるのがカウンセリングの効果の1つだなぁって思います。

 

  • 自分の範囲内で考えていたこととは違う視点があったり
  • 「私って、こんなヤツだもんなぁ」って納得したり・・・
  • もっと「なんだ?この感情は!?」を見つけることが出来たり
  • それをカウンセラーにまたシェアしていただいたり・・・

 

自分の考えや感情を出す作業を一緒に出来るんですね。

 

変わりたくないと思っている自分を置いてけぼりにしないで

 

そうやってカウンセリングをしていて出てきた自分の本音に対して、「あーそうだったんだなぁ」と納得できると、そんな自分を許すことに繋がっていきます。

 

でも「見たくない!なんでこんなこと思ってしまうの!」となってしまうこともありますよね。それも自然で当然に起こることです。

 

責めてしまったり、自己嫌悪したり、そして、そんな自分を切り離そうとしてしまったり・・・

 

でも、そんなあなたの変わりたくないという気持ちも、あなたの本音には変わりがない。そいつを置いていこうとか切り離そうとすると、まぁ暴れよるんです。

 

「置いていかないで!いやー!!!!」3歳児と同じなんですね。

 

イヤイヤ期と一緒なんです。目に見えないし、私は十分大人だよ!?と思っていても。

 

生まれてしまった奴ら(変わりたくない気持ち)は、無視すると悲しむし怒るし、「いやー!」と叫んで駄々をこねるんです。

 

だって、奴らにもそう思う・感じる理由があるから。

 

「私を無視するなんてどう言うことじゃ!」とあなたの変わりたい気持ちにぶら下がって行かせまいとします。そんなイヤイヤ期なあなた自身を、どう扱ってあげるか鍵になってくるんですね。

 

最後は、あなたが自分に「置いていかないよ。一緒に行こう」と言ってあげる。

 

変わりたくないと言っている駄々っ子なあなたを無視しようとすると、もっとしつこく泣くかもしれません。たまに、スーパーやデパートで見る光景ですが、床に転げ回って泣いている子どもちゃんいますよね。

 

「早く来なさい!やめなさい!」って言ってるお母さんお父さん見ますよね〜「もう置いていくで!」と言いながら、後ろを気にしていたり・・・うちの妹もよくやっています。笑

 

そんな時に助け舟に登場するのは、叔母である私です。「行こうな〜抱っこしたろか」すると泣きながら手を伸ばしてきたり・・・(かわいいです)

 

そう、やっぱり置いていけないんです。口ではどれだけ言ってもね。それなのに、私たちは自分に対しては平気で置いていくし切り離しちゃうんです。

 

「置いていかへんで。一緒に行こうな〜」って言ってみてください。なかなか変われない、ちょっと頑固かもしれない部分のあなたに。なんだか、じんわり泣きそうになったり、ザワザワしたりしますでしょうか?

 

私も、切り離そうとして来たし、実際、切れていた時もあったと思います。

 

今もたまに切り離したくなるんですが「置いてけへんよな〜」って思います。「そんなことしたら、かわいそうやんか。それも、めっちゃ頑張って来た自分の一部やのに!」そして、ちょっぴり泣けます。

 

 そうやって、聞いてあげる方が、そんな感情たちは暴れなくなっていくんですね。素直になっていくんです。 

 

  • 「なんで変われへんねん!」と思っていた自分と「変わりたくないわ!」と思っていた自分が繋がることが出来て安心します。
  • 「なんだか私大丈夫!」って思えることも増えます。
  • 自然に笑顔も増えていきます。
  • 周りの人から、〇〇ちゃん変わったね!可愛くなったね!明るくなったね!何があったの?って聞かれるようになります。
  • そうやって、周りに言ってもらうことが、、また自身にもなります。

 

ちゃんと、変わっていくから安心してくださいね!

 

変わりたい!って思っている時、私たちは自分が今まで頑張ってきたこと、努力したこと、愛したことを忘れがちです。本当は、めっちゃやってきてるんですよ。成長して変わってきているんです。

 

そして、絶対に変化しながら生きてきているんです。これからも、その時に必要な自分に変わっていきます。意識することなく。

 

そんな自分の気づかない変化も、周りの家族や友達や、そして、もし良ければカウンセラーにも聞いてみていただきたいなぁって思います。

 

スポンサーリンク
変わりたいのに変われないとき

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

心理学大好きな自分の心を見つめることが趣味の変態です。

『ありのままの自分を愛してあげる』をテーマに、人生なんだか幸せ〜人生楽しい〜自分大好き〜と思えるようになる方法を書いています。

個性的なものが好きで、目立ちたがり屋のくせにシャイです。

そして人が好きです。

➡︎詳しいプロフィールはこちら