野良猫な私が幸せになることへの怖れを越えるために取り組みたいこと3つ!

野良猫 恋愛・パートナーシップ

心理学大好きな変態です。

『ありのままの自分を愛してあげる』をモットーに、なんだか幸せ〜人生楽しい〜自分大好き〜と思えるようになる方法を書いています。

YouTubeでも動画配信中〜!

個性的なものが好きで、目立ちたがり屋のくせにシャイです。

そして人が好きです。

→詳しいプロフィールはこちら

愛未(あいみ)をフォローする

愛未(あいみ)です。

 

「そもそも野良猫ってなんぞ!?」と思われる方、多いと思います。

 

傷ついて傷つけられて、周りや自分のことを信じられずに、常に怖れを抱いて、警戒したり、逃げ回ったり、「シャー!」と威嚇している、幸せを選べない心理状態のことです。(例にも寄らず、カウンセラー根本先生に教えていただいたよ!)

 

でもね、野良猫だって、いつまでも1人でいたくないし、幸せになりたいんですよ!

 

本当に切実ですよ!切実なんですよ〜〜〜〜ぉぉぉぉぉ!

 

自分に出来ることをやろうと思います!良いと言われたことを素直にやるのが私の良いところでもありますので!

 

今回は、決意とアウトプット・・・そして!同じような野良猫の方に「一緒にがんばろう!」とエールを送りたいと思います!

 

こんな人にオススメの記事
  • 過去に傷ついた恋愛がある
  • 過去に傷ついた人間関係がある
  • 過去の恋愛で未だに自分を責めていることがある
  • 男性(女性)不信
  • 親子関係に悩んできた
  • 幸せになりたいけれど、幸せな自分が想像できない

 

スポンサーリンク

 

私の野良猫っぷりを暴露します

 

私の野良猫歴は、とてもとても長いです。おそらく、中学生くらいからずーっと野良猫です。

 

私は、恋愛をするチャンスが今までに人並みに何回かありました。が!

 

ことごとく自分でぶっ壊す!逃げまくる!ってことをやってきました。

 

告白される!?というところで、はぐらかしたり・・・我慢に我慢を重ねすぎて大爆発してしまったり、とにかく相手といると居心地が悪くなってしまうので遠ざけたり離れたりしてしまう・・・

 

でも、好きだからやっぱり近づきたい!と近づく。また怖くなってしまって離れる・・・まさしく野良猫でしょう?客観的に見たら、めっちゃめんどくさいヤツ!

 

そんでもって、なんとも思っていない人には、素の自然な素直な自分でいられるし、笑顔も見せられるっていうね・・・本当は、こんな私を好きな人に見てもらいたいし、あげたいのにね・・・

 

野良猫な心理を持っている自分に、ずーっと気づいていなくて「なんで私の恋愛はうまくいかないんだろう」って悩んでいました。

 

「自分に魅力がないからだ。」とか「私は女として、人として問題があるからだ。」と思っていて、相手の男性を責めると同時に自分のことを1番責めまくっていました。

 

自分で自分のことをズタボロにしてたんですよね・・・

 

相手の男性たちからは、愛情を感じていたから余計になぜ上手くいかないのかが分からず、迷走しまくりでした。(それは今もか・・・)

 

でも、そんな自分をなんとかしたくて諦めていなかったから心理学に出会えました。カウンセリングを受けました。セミナーに参加しました。ドキドキしながら!

 

だんだんと楽になったし、笑顔も増えたし、自信もつきました。

 

そして、出来ない自分を責めなくなりました。

 

「しょうがないよね〜でも大丈夫やで!」って自分に言ってあげられるようになりました。「ありのままの自分を愛してあげる!」というブログタイトルはここから来ました。

 

どんな私も、実はとても愛を持ってるヤツで、不器用でやり方が分からなくて、怖がっているだけで、本当は人を愛したいんだなぁ〜って分かりました。

 

以前の私のように自分を否定している方、責めている方は、まず自己肯定感をアップさせましょう!

 

自分を否定しながら、幸せになることは難しいです。肯定出来ない人の幸せって願えませんよね?他人だけではなく、自分のことも同じです。

 

自分が自分の1番の味方になってあげることから始めてみてくださいね!

 

この本がオススメです!

関連記事:敏感すぎて周りの人の顔色を伺っている人にオススメ本。ポイントは自己肯定感!

 

一旦恋愛から離れました!「恋愛しなくても良いよ〜」

 

恋愛から離れていた時期、本当に楽でホッとしました。世間でいうと、アラサーで適齢期なんだろうけれど、そんなん関係ねぇ!って思っていました。

 

この時間は私にとって、必要な時間でした。

 

人生ずっとしんどかったので、自分を取り戻すための時間が欲しかったのだと思います。心理学を好きになって知識を増やしたり、セミナーに行ったり、母親との関係や、人間関係、ハードワークの問題とかに向き合っていました。

 

詳しく書いた記事:恋愛が怖い?男性不信?自信がない?そんな私の成長記録「何とかなる!」って思える今

 

そんな風に過ごしているうちに、気になるなぁ〜と思う人が現れて、好きだなぁ〜と思うようになって、近づきたいなぁ〜大切にしたいなぁ〜と思うようになったのでした。

 

でもね、でもでも・・・以前よりは、格段にマシかもしれないけれど、また同じようなことになってしまっているのです・・・

 

何をどうしたら良いのか分からない!怖れを越えるためのビジョンがない!

 

素直になって相手に近づこうと思ったのです。でも、クセのようになっているみたいなんです。

 

どうしても怖いみたいで、近づこうとすると頭真っ白!とにかく逃げたい!そこにいたくない!彼の目に私を写したくない!でも、仲良くなりたい。こっちを見て欲しい。でも見ないで欲しい!相手を知りたい。でも、何をどこからどうしたら良いのか分からない・・・

 

完璧に恋愛初心者に戻ってしまいました。(元から、そんな恋愛マスターなヤツじゃないけれど)

 

スポンサーリンク

 

どんなパートナーシップを築きたいのか?リストアップしてみよう!

 

私は彼と一緒にどんなことをしたいのか?どこに行って、どんな話をして、どんなパートナーシップを築きたいのか?

 

よくよく考えてみたら、あまりないことに気づきました。

 

楽しみなこと、幸せを感じるであろう瞬間のことが、全然思い浮かんでいなかったのです!

 

そらぁ〜楽しみ(エサ)がないのに、怖さを越えるために頑張れねぇよな!と気づきました。

 

エサがなければ、進展もないだろうけれど安全な今にとどまりたくもなります。人は変わりたくない生き物ですからね。私も一応地球人の性別♀なはずです。

 

  • どんなデートがしたい?
  • どんな話をしたい?
  • 私は、どんなことを彼にしてあげたい?喜ばせたい?
  • 私は、どんなことをしてもらうと嬉しい?(自分で分かっとくの大切!)
  • どんなスキンシップをとり、どんなセックスをしたい?(大切です)

 

こんな観点で100個リストアップしてみようと思います!(またブログで報告しますね)

 

私が幸せになれる理由を受け取る

 

私は、罪悪感多めなヤツです。これも、全然気づいていなかったんですけれどね。

 

そんな自分に気づくことが出来たし、結構手放すことは出来てきているんです。日々の生活の中で自分を責めることがなくなったので、とても楽で生きやすいです。

 

でも、罪悪感から幸せを選ばないってことが「クセになっている」そんな風に感じます。

 

クセを手放して、上書きするために「私が幸せになれる理由」これも100個リストアップしようと思います。

 

関連記事:【罪悪感の心理】それって愛なのだ!上手く付き合って幸せになろう!

 

「もう私は幸せになってもいい」アファメーションを唱える

 

これは、深く考えずに、気づいたら唱えることにします。

 

夜眠る前は、ストレッチをしながら「もう私は幸せになってもいい」と唱えて、自分を大切にする時間を作りたいと思います。

 

ゆっくりお風呂に入って、あったまった身体でストレッチをしながら、アファメーション!これは、本当に楽しみだ〜!

 

タイムリーに助けがやってくる私!感謝です!

 

この取り組みは、すべて根本先生から学んだことです。根本ファンでマニアなのです。ブログ読みまくってますからね〜ブログ上ではストーカーですよ!笑(野良猫のくせに)

 

「どうしよう・・・」と悩んでいると、タイムリーに根本先生が似たような悩みについて記事にしてくださったりするので「私は、いざという時には絶対に助けが来て、なんとかなるヤツなんだ!」と思っています。(以前は、こんなことも思えなかったんですよ。絶望の中で生きてましたから)

 

関連記事:助けを求めなさい。と言われても「助けて」って言えないから苦しいんだよね。

 

「どうせ私には無理だ!私は幸せになれない!」思うこともあるかもしれないけれど・・・

 

これまで、すぐには出来ないこともあったけれど、良いと聞いたことは素直にやるように心がけて来ました。

 

単純で素直で・・・すぐに「そうなのか〜!へー!」って思えるところが私の良いとこだなぁって思っています。

 

いろんな取り組みをして来て、自分の心と付き合って来て分かったことがあります。

 

無駄なことなんか1つもなかった

 

即効性を求めたり、自分が欲しいと思う現実に固執したりすると、分からなくなってしまう時もありますが、人生の全ての経験に無駄なことはなかったなぁと思うんです。

 

自分の生きにくさとか、母親との関係とか、人とうまく付き合えないこととか「もっと普通に生きて幸せになりたかったのに!」って思ったこともあります。

 

でも、悩んだからこそ、それでも自分を諦めなかったからこそ、深く自分の心と繋がることが出来るようになりました。

 

それって、本当に幸せなんです。間違いなく恩恵(ギフト)です。

 

なんとかなる!私は大丈夫!って強がりじゃない自信が湧いてくるようになったんです。

 

今の私も、未来の幸せな私につながっていくんです。

 

うん。やってみよう♡

 

また、ご報告しますね!

 

スポンサーリンク

コメント

  1. キャプテン・フック より:

    恋に自分に悩みすぎて分からなすぎて、こちらのブログにたどり着きました。

    「でも、悩んだからこそ、それでも自分を諦めなかったからこそ、深く自分の心と繋がることが出来るようになりました。

    それって、本当に幸せなんです。間違いなく恩恵(ギフト)です。」

    を読んで、何故だか涙が出てしまい、コメントさせていただきます。

    私は幼少期から長く、ピアノ演奏をしてきました。大学でも専門的に学び、それなりの実績とプライドがありました。
    社会に放り出されてから、自分の無知さ、世間知らずさ、ピアノや音楽は大好きで魅力は知っているのに役に立たないのではないかと感じた自分へのショック、また大地震の経験から自分の無価値観がどんどん強まりました。
    大学院修了後、まだまだ勉強したくてチャレンジした大学院博士課程に3回も落ち、疲れた…一旦休止と27歳の一年間は心の赴くまま、演奏活動に仕事に合コンに婚活にやれることを全力で取り組みました。(全力を尽くしすぎたのか、年末帰省ではインフルエンザに立て続けに2度もかかり、終いには肋骨にヒビ。)

    ピアノばかりの人生だったので恋活面では、全くのゼロ経験です。焦り?から、合コンにもたくさん参戦しました。距離が近づいた人はネットビジネス高学歴野郎、超絶メンヘラ社交ダンス高学歴男、家族バラバラ不遇な男…などなど。最後の人とはワンナイトラブで、私は処女を簡単に捨て去りました。。。

    まるで自分じゃない…小休止のはずが、じぶんを痛めつけている気がして、28歳を目前にリセットしました。
    (今はラストチャンスのつもりで博士受験を控え)恋愛については6月から婚活パーティーで場数を踏むつもりで第1ラウンドに行きました。

    そしたら、その第一ラウンドで今の彼に出会ってしまいました。その日の婚活パーティーで一人目に来たのが彼でした。第一印象は、「チャラっ!…ん?なにを傷ついてるの?」でした。いろいろ話して楽しかったのでその日の夜にご飯に行き、意気投合。
    彼は自分の生い立ちなど話してくれて、複雑で不遇な家庭の人で、すごく努力家だと知りました。私は「好きになっちゃうかもしれない」と言いました。駅のホームで(たくさんお尻を触られながら)私を帰すか帰さないか迷った挙句彼は私を帰宅させました。2日後にまた会って、私の言葉を告白と勘違いされたようで撤回し、告白させて付き合うに至ります。

    それから一度会い、現状は付き合ってるのかわからない…いままで会った回数はたったの3回なのです。笑
    仕事柄、海外出張が多い人で、副業で作家としてスタートし始めたばかりでした。はっきり言って、なぜ婚活に来ていた?と聞きたいくらいです。(お互いさまなのですが…)

    いっしょに行きたいところ、映画みたい、話したい、私の小さな夢は早くも破れたりです。

    かといって私は私で、言葉にしてませんし、ちっとも甘えられません。
    最初はまた遊ばれんのかなーとか思っていましたが、なんだか違う気もしています。彼の無意識下(自覚あるかも知れません)の部分の作用かなと。ただ、私と会いたいと思わないのか?とは思いますし、腹が立ちます。
    一度だけ「会いたい」と言ったが断られ、数回の電話のうち一度の拒否からもう電話できません。LINEの返事だけは早い人で感謝しています。私は最初の3ヶ月間毎日頑張ってLINEしていたものの、距離を縮められず、私らしさを感じなくて辞めました。
    ワーカホリックな人なので、きっとエールを送って欲しいんだろうな〜とか思いますが、なぜか出来ません。今年36歳になる彼ですが、40歳まで突っ走るらしいです。どういう意味なのか、なぜ私にそんなこと言うのか?本人に聞けません。彼は来年から社会人大学院生になり、ますます忙しくなります。どうなんの私たち?って心で思っていますが口にしてません。なんとかなるんじゃない?っておもう自分もいます。

    辛すぎて、根本先生のブログにたどり着きました。ここ数年で自己肯定感がかなり低くなっていたこと、家族との癒着関係(幼少期に感情的な母親に振り回され感情を抑圧、自分を抑えることで平和が保たれていた。父親に認められたい)、他人軸が強いことなど原因はさまざまだと思います。

    彼と出会い、わが家の長年の家族問題について父親にブチ切れ、人生史上最大の怒りを経験しました。そしたら、怒りは悲しみからくるのだと知りました。ものすごく疲れました。

    少しずつじぶんが変わっていっているのが分かります。まさに一進一退で、半年が過ぎました。知らない自分が目覚めていること、きっと彼のおかげです。だけど、辛い。なにが辛いのかわからない。手放したい。嫌いになりたいなりたくない。
    今はこんな状況です。

    昔から、相手の痛みをじぶんのことのように感じる性格で、共感能力が発達しています。喜怒哀楽のうち怒りと哀しみ、寂しさは出せません。(幼少期に母親がいつも泣いていたからだと思います)先日も上司から、人が良すぎる、と言われ傷つきました。自分のことは、おそらく大好きです。ただ、もう一押しなんです。それを恋愛で、男で埋めたかったけど、たぶんちがうと気付きました。大切にされていない、愛されていないとは受け取りたくない…せめぎ合いが凄いです。もう一つ気になるのは、自分の鋭さ。それが怖くてたまらない。自分を傷つけてきたので、痛みを知ってるので、彼を傷つけるのではないかな〜と怖いです。

    ぶつけるようなコメントになってしまいすみません。
    これからもブログ読ませていただきます。応援しています!!