【実際のカウンセリングから】ハードワーカーの心理は止まったら怠け者になっちゃう!?

ハードワーカーの心理

私が心理学を勉強し始めた時に、衝撃なことを知りました。

 

ハードワークは気そらし

 

悩みの中から魅力を一緒に発見するカウンセラー、山岡愛未(@aimiyamaoka)です。

 

そして、すごく心がザワザワしてしまったのを覚えています。身に覚えがあったからです!笑

 

いや、本当にその仕事が好きで好きでたまらないから、ハードワークになっているという部分もあります。でもパフォーマンスを上げるためには適所に休息をとることは必要なんですよね。

様々な要因があるかとも思います。第一に収入が必要という、お金の問題もありますね。

 

ハードワーカーの心理背景には「止まったら、もう自分は動け出せないんではないだろうか?」

頑張らなくても良いと思って止まってしまったら「すんごい怠け者になっちゃうんじゃないか?」

「私には価値がないから、このくらいハードに働かないと価値なんて見出せないんだ」

こう感じている部分もあるようです。(あんまり普段意識出来ていなくても!)

 

あとは・・・「実は、本当に向き合わないといけない問題が別にある」

ハードワークは気そらしと言われる所以です。忙しく動いている間、そのことについて見なくても済むから!なんてこともあったりします。(見れないことが悪いわけではありません。)

 

先日、まさに「怠け者になって動けなくなる気がする」と仰ってくださった方がいました。昔の私も、そのように感じたなぁと言うところから、今日の記事を書いていきたいと思います。

 

そうは言っても、やめられない!ハードワーク。自分で選べるということを頭に置いてみてください。

 

「んじゃ、仕事辞めます!」「休みます!」なんてことが、すぐに出来るんだったら、やっていますよね?

私は、自分で選べるということを、まず頭に置いてみてほしいなと思っています。

今、あなたはその仕事をすることを選んでいます。では、同じように仕事をしないということも選べるということです。

今、あるものは全て、あなたが選択してきた結果なのです。不本意に思えることも、あなたが選んできたことなのですよ〜ちょっと厳しい考え方ですけれども。

 

選択肢が増えるだけ、気持ちって楽になっていくものなのです。

分かれ道

この画像の人のお尻、めっちゃプリンとしてますね!笑

 

怠け者で良いではないですか!と思うカウンセラー

 

ハードワークで疲れている方に、私は「動かなくなることや怠けることは、ダメな事なのでしょうか?」とお伝えします。本人にとっては悩みであったり問題であったりするのに。

もし、あなたが今動けなくて、自分が怠け者になってしまったと感じるとしても、それは悪いことではないんですね。

 

今、あなたが動けないことが、あなたにとって正しいのです。

 

それほどまでに、あなたは頑張ってきたから。

 

あなたの心も身体も休息を必要としているのです。

 

物事はとってもシンプルなのかもしれません。怠け者なのではなくて、動けないだけだと思いますよ。

もし、本当に心底怠け者なのであれば「あ〜ダメだ。私って前ほど仕事も頑張れないし、なんか気力も湧いてこないし・・・怠け者だ!」とも思わないのです。そこに疑問も持たないし自分を責めることもありません。

 

「際限もなくずっと、怠けてしまうのではないか!?」とも仰ってましたが、「そのうち動けるようになるし、ちょうど良くなっていくはずですよ〜」となんとも、ゆるゆるとお答えしてしまいましたが、本当にそうだと私は考えています。(休む期間はそれぞれ違うと思いますが)

 

ナマケモノ

ナマケモノは自分がナマケモノであることを最初から受け入れているので、疑問を持たないのです。

 

「休んどいたら良いですよ!」ってお伝えしますけれども、それだけでは「山岡愛未って普通の事しか言わないんやな。カウンセラーなのに」って言われそうなので、いろいろ案を出したいと思います。笑

 

 

非日常に身を置いてみましょう。自分へのホスピタリティ!

 

旅行に行くなどは本当に良いと思うんですね。これ、上手く取りいれてらっしゃる方もいっぱいいそうです。

ただ、さらに疲れるということがないようにお願いいたします!

人にはタイプがございまして、人といて盛り上がることで、疲れを発散する人もいれば、人といると消耗する人もいるんですね。

あなたは、どちらのタイプでしょうか?1人でフラーっとっていうのが良いなぁなんて私は思うタイプです。

自然の中に身を置くとか、高層のホテルに泊まるとか、とにかく何かスペシャルに感じることをやってみませんか?

漫画喫茶で1日中好きなように、漫画を読むとかでも良いですよ〜!

 

自分のために行動してみる。選択してみる。鬼畜生となる。

 

私のメンターの先生は「鬼畜生になんなさい」と仰るのです。そして、実践して出来上がったのが今のわたくしです。なので、私は実体験を根拠にお話しています!笑

 

人のことなど知りません。私は私の好きなように勝手にやりまーす!ということです。

 

あなたが良い人な分だけ、優しい人な分だけ、好きなようにやることにどうしても抵抗あると思います。

自分も今すごく大変なんやけど、これやってあげなかったら、この人かわいそうだなぁと思うこと。勇気を持って、ごめんなさい。するんです。

でもね、本当にこれは是非是非やっていただきたいのですが、あなたがドキドキしながら、鬼畜生になったとしますね。

 

意外に周りは、なーんにも変わりません。

 

拍子抜けするぐらい変わらないのです。変わることがあったら、ごめんなさい。でも、私は変わりませんでしたよ。(批判や忠告は、テストです。こう言われても、自分を優先できますか?というテスト)

むしろ、人が寄ってきてくれる!と感じてびっくりいたしました。

話しにくいと思っていた同僚や上司が、なぜかフレンドリーになる。

なぜか、可愛いと言われることが増える。笑

男の人が、優しくなる。助けてもらえるようになる。笑

なぜか、宗教法人とかやったらいいと思う。カリスマ性あるから!とか言われる。(これは、本当に突拍子もなくて爆笑しました。でもありがたい言葉です。本当に嬉しかった)

 

好きなようにやって、鬼畜生のように生きると、自分を許していることになります。

 

自分を許せる人は、相手も、世界も許せるようになるのです。そんな人に、人は近づきたくなるんです。

 

猛烈に走っている人に声かけられませんよね。そんな感じかな?(例えがザックリ!笑)

 

まずは、心の余白を作ることが大切

 

これは、すべての悩みや問題を抱える時に言えることですが、いっぱいいっぱいになってるところに、さらに詰め込んでしまうと、窮屈でしんどくなります。

まずは、余白を作ることが大切。

そして、これは自立的で自分で何とか問題をこなしてきた人にとっては、最初とても難しい!それで成功してきた部分もあるし、仕事で評価されてきたところもあるから。

 

だって、今は動かないで!怠け者でいて!好きなことしてて!鬼畜生になって!って言われるんです。問題には、まだ着手しないんです。いや、はよ取り掛かからせてくれよ!となりますよね。解決したい分だけ。

 

今は一見動いていないことを受け入れると言うところに、コミットメントする。

これに挑戦していただきたいなぁと思うのです。

ここでだけ、あなたの頑張り屋さんなところを発揮していただきたい!そして頑張り屋さんな分だけ、腹をくくれたら、すんごい威力を発揮して、休息をとり・・・

 

キラキラと輝き出すのです!!!!

 

悩みは悩みではなくなるかもしれない。本当に見るべき問題に取り掛かる勇気が出てくる!

 

そうやっているうちに、もしかすると悩みは悩みでなくなるなんていう、可能性も出てきます。「なんで、あんなに私は身を粉にしてきたのだろうか?」という具合に。

また、あなたが楽になった分だけ、本当に見るべき秘めてきた問題に取り掛かる勇気が出てきます。

最初は、ハードワークが問題だったかもしれないけれど「より良くなるために、実は、この部分見ておいた方が良い!って気づいた!」ってことは、起こりうるんです。かなりの確率で!

 

あとですね、鬼畜生段階で気づくと思うのですが、周りの人はめっちゃくちゃ、あなたに優しくしたかったんですよ。

 

それに気づけたら、もう解決じゃないか!って私は思うんですね。やっぱり、人との繋がりが大切だなぁって。しんどくなるのは、分離しちゃってるからなんですね。人との繋がりは、あらゆる悩みも問題も癒していくんです。

 

あなたが頑張ってきたのはハードワークするほどに愛があるから

 

仕方なくやってきた仕事に愛なんてないよ〜!という人もいるかもしれません。でも、これはね〜あるとしか言いようがありません。

 

あなたにも愛があったし、周りからの愛もあったのです。

 

それね、絞り出してでも良いから、しんどくなくなってきたら出してみましょう。それぞれ10個ずつくらい。

  1. 私が仕事や同僚や上司にに愛を持っていたところ 10個
  2. あなたが仕事や会社や組織や周りの人からもらった愛 10個

 

絶対あるはずですからね、やってみてくださいませ。

 

木のハート

 

今回は、実際のカウンセリングでお聞きしたことを、再度考えて文章にまとめてみました。

人それぞれ様々な要因や状況があるかと思います。1人では、辛いな、しんどいなと思われるときは、ぜひお話しに来てくださいね。

スポンサーリンク
ハードワーカーの心理

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

心理学大好きな自分の心を見つめることが趣味の変態です。

『ありのままの自分を愛してあげる』をテーマに、人生なんだか幸せ〜人生楽しい〜自分大好き〜と思えるようになる方法を書いています。

個性的なものが好きで、目立ちたがり屋のくせにシャイです。

そして人が好きです。

➡︎詳しいプロフィールはこちら