「ただただ愛してる」私は、こんな世界に生きていたいのだと思う。

ただただ愛してる

愛未(あいみ)です。

 

私は、とにかく自分に素直に生きていたい。本当にそれだけだなぁと思うのです。

 

やりたくないことを、やったり・・・

 

自分の中にも、相手の中にもある、素晴らしい部分、愛の部分を隠したりせずに・・・

 

この1週間、ずっと家を離れていなければならなくて。

 

とっても気を張っていて。

 

自分とゆっくり繋がる時間がなかったから、今ドドドっと、自分に響く世界が無意識のうちに目の前にやってきて(ちゃんと選んだみたいなんだけど)

 

泣いて泣いて泣いて、とにかくずーっと泣いている。

 

そんな感じです。

 

私は、子どもの頃から本当によく泣く子で、母には「すぐに泣きなさんな」とか「そんなに泣かんでもいい」って言われましたけれど

 

悲しいから、怖いから、だけじゃなくて、心が動くとすぐに涙になって出てくるんです。

 

嬉しい時とか、感動した時とか、だから私は自然と泣けるようなこと、そんな世界に触れながら、生きていたいと思うし、それが必要な人なんだなって自分のこと思ってる。

 

あとは、私って・・・本当に子どもが好きで、子どもという存在を愛していて、つまり人を愛してんだな〜って思う。

 

なんだか、今この文章を書いていて、すごく自分の中が真っ白なんです。

 

何もないんじゃなくて、ずっと何かが光っているような感じで。

 

いつもいつも、誰かの役に立つようにとか、検索してたどり着いてもらえるようにとか、いろいろ実は考えてブログの文章は書いているんですけれど

 

私の内面の世界は、こんな感じで。今書いている、この文章は出てくるままに、そのままに書いています。

 

そうしていくうちに、涙と一緒に沸き起こっていた私の中の衝動がスーッと落ち着いて、深い深いところに降りていくような感覚になりました。

 

そんでもって、目の前にあるものが、さっきよりスッキリクッキリ見えています。

 

こうやって、私は生きていくんだなぁって思う。

 

たまに、こういうツラツラとした、どこがゴールとも言えない、結論も何もない、私の感覚を文字にしただけの文章も書いて生きたいな〜って思います。

 

この感覚が、私の幸せだと思う。この瞬間、私は誰ってわけではなくて、どんな人の幸せも願っている。無意識に。

 

子どもの頃読んでいた、物語の世界と一緒だな〜こんな世界に私は生きていたかったんですね。

 

ただただ嬉しくて、ありがとう。

 

スポンサーリンク

ただただ愛してる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です