悩みの中から魅力を一緒に発見するカウンセラー、山岡愛未(@aimiyamaoka)です。

 

突然ですが、生きていると仕事・恋愛・人間関係・・・様々なことで、苦しくて悲しくて、どうしようもない気持ちになることがありますよね。

今回は私の基本的なカウンセリングの考え方、いや、むしろ人生における考え方についてお話ししたいと思います。

 

あいみ
この考え方を知ってから、とてもたくさんの変化があったんですよ〜!

 

それはズバリ!!投影!!投影の法則!!

 

心理学には、『投影の法則』というものがあります。

物事には、良いも悪いもありません。ただ起きているだけなんですね。これ初めて聞くと意味わかりませんよねぇ。

彼氏に別れようと言われても、上司に怒られても、友達と喧嘩しても・・・

 

良いも悪いもないのです!!!うっそー!!って感じでしょう?

 

そこで感じる感情は、あなたというフィルターを通して感じています。

自分で自分の今までの経験に基づく、自分の中の決まりごと(観念)で、これは嬉しいこと!良いこと!楽しいこと!幸せ!とか嫌なこと!最悪なこと!悲しい!むかつく!など決めて、感じているんです。

投影について知った時の私は「信じられん!意味わからん!悲しいに決まってるやん!何を言い出すんやー!」

と恐れ多くもカウンセラーの先生に対して、めちゃくちゃに反抗的に思っていたのです。

 

でもね、友達や彼と話していてビックリすることはないでしょうか?「え?そんな考え方感じ方なの?」みたいな!

あるいは、当然自分と同じように感じている反応が相手からあると思っていたのに、違っていたり。

「私は、そんな風には全然思えないんだけど!」みたいな!物事への感じ方は人の数だけあるんです。

ということは、物事へのあなたの感じ方、出来事によって起こる感情は自分の内面が反映されたものということになりませんか?

 

すなわち、投影!!です!!

 

例えばお天気めっちゃ悪くてですね。豪雨で雷もゴロゴロピカ!ってなってたとします。

あなたが彼とラブラブであったら、屁にも思わないでしょう!むしろ、きゃー怖いねぇ!何て言いながら、彼とその状況さえ楽しむのではないのでしょうか?(まぁ外にいたら怖かったり不機嫌になりそうですけれども、お家の中という設定にしてくださいな。)

でも、あなたが彼に別れを告げられたのであれば、どうですか?「こんなにどんよりした空、雨、雷まで・・・私の心を表しているようだ。こんな時に天気さえも悪くなって、なんて私は不幸なんや」って思いませんか?

同じ出来事でも、感じ方はその時のあなたの内面によって如何様にも、変化するものなのです。

 

でもね、出来事としたら・・・

大量の水蒸気を含む暖かい空気が、上昇気流により上昇することで雲が発生。周囲の空気を吸い込みながら上昇した雲が大きな積乱雲へと変化。上空で冷たい空気に冷やされた積乱雲は、その中で氷の粒をたくさん作り、それが落下することで激しい雨を降らせる。

これなんですよねぇ。なんの感情の要素も本当はないのですけれども。(豪雨のメカニズムを検索して調べてみました。理科で習ったなぁ)

雷

これを見てどう感じるかは、あなた次第であり、人それぞれ。あれ?結構普通のことゆーてる!?

でも彼に浮気されたとか、別れたとか、そういうことについては感情が動きすぎて、どうしても良い悪いでジャッジしたくなるんですよね。

 

分かりやすく、すんごい極端な例をあげましたが、このようなことが日常全ての出来事の中で起こっています。

 

ちょっと、最初は分かりにくいかもしれません。どうしても「こんなに悪いことが起こってるのに、この出来事に良いも悪いもないってどういうことやねん!?」となると思います。

が、もう1つお伝えしたいことがあります。

 

その出来事によって感じる感情は、あなたにとっての本物です。

 

決して!これは自分の投影なのだから悲しんではいかん!怒ってはいかん!とかではないのです。

感情は出てきた時点で、その感情を感じることがあなたにとって正しく、当然のことです。これにも良いも悪いもないのですね!

 

でも起きていることは、ただ起きているだけ!出来事自体は良くも悪くもない。でも私は悲しくなっちゃうんだよなぁ!これです!これだけでOK!!

 

なので、私は泣くときは「ぎゃー!悲しい!つらい!なんでよ!」となります。しかし、その物事についての善悪は深く考えなくなりました。とっても単純でおバカなのです。(おバカは幸せなのですよ!笑)

 

自分を自分が愛していれば全てから愛される

 

そして、ここからが肝心!!投影の法則をポジティブな面で見ていくと!!

 

自分を自分で愛していたら世界や周りの人たちは、私を愛してくれるものに溢れます。

 

人生において、いつ何時も大切なことは、あなたがあなたを、どう思っているか?感じているか?ということです。

それがそのまま、世界に、周りに、目の前の人に投影されます。

 

苦しくて仕方がない!という時も、問題を解決することより、まず見つめたいのは自分自身になります。

なんで、そんな問題が起こったのだろうか?その問題に、どんな自分の内面が投影されているのだろうか?そう考えていきます。

 

そうするとね、彼にひどいことを言われたとします。めっちゃくちゃ腹が立ちますし、悲しくなりますし、自分ってそんな価値がない女なのかな?とも思ってしまいます。

でも、その言葉に傷つくとしたら?私の内面の何が彼の言葉に投影されているのでしょうか?

自分のこと、そんな風に言われても仕方がない女だと思ってませんか?自分のこと、まるまる全部素晴らしい存在だって思えてないのかもしれません。

普段から、もっと頑張らないとダメだ!と自分のお尻に鞭打って頑張っていたりしませんか?自分が悪いなぁって、よく思ってしまってませんか?

 

こんな風に自分のことを思っていることが、彼の言葉を通して、あなたを傷つけているんですね。

 

「なんやかんや言っても私は私が好きだなぁ。まぁたまに、失敗してしまうこともあるけども一生懸命生きてるもんなぁ」って感じている人は、彼の言葉に傷つくことはないんですね。

「そう言われてもなぁ、私もそこまで悪くないで〜!」と思えます。

 

 

感情が嵐のように吹き荒れ、マグマのようにドロドロと噴出していたり・・・とにかく感情が出てくる時は、ただただそれを感じた方が良いです。なぜなのか?と考えるのは、その後です。

出てくるもんは先に出してしまうことが大切なんですね。思考は、それを止めてしまいますから。

 

 

 

投影の法則、知っても完璧を目指さなくてもいい!

 

投影の法則を知ると、あれもこれも全部自分の内面が現れているのか!ヒェ〜!ってなってしまいますね。

私もなったことあるんです。テヘペロですね!笑

 

ああやって言われるのも、こういう風な態度を取られるのも、全部私の内面が投影されているのか・・・ザ・深刻・・・になってしまうと、その考えで、また自分を苦しめてしまいます。

難しく感じることもあるかもしれませんが、気軽に「何を投影してんだろうなぁ?」と考えてみるきっかけにして欲しいです。

 

時には、がっつりと向き合った方が良い問題にも直面します。それは、とことん向き合ってみるタイミングがやってきたということ。

でも、普段は楽しんで投影の法則、考えてみてください。

 

そして、より一層自分に目を向けて「ありのままの自分を愛してあげる」ための楽しいレッスンとして活用してみてくださいね!

 

 

カエルと鏡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です