ライフワークって子どもの頃から意識することなく自然とやってきたことなんだな

かっこよく在りたい

愛未(あいみ)です。

 

実は、私は5月にララマルの山口由紀子さんの熱源熱軸セッションを受けさせていただきました〜!

 

ワクワクしながら、東京まで行ったんだ〜!

 

山口さん・・・すんげぇ美人なの!(そこかい!笑)

 

あとは私1人でプラプラ大好き。新幹線大好き。なので〜!笑

 

ちょっと時間が経って、自分の中でいろんな感覚や思いを整理して、一旦モヤ〜っとすることもありつつ、気づいたことがあったので、お話しておきたいと思いまぁす!

 

あいみ

自分が生きる熱源・熱軸になるものって、アホみたいに単純なことなんやなぁ〜と気づいて

最近爆笑しまして・・・

私って、こんなにおバカやったんか〜アホやったんか〜めでてぇな〜

いや、もう私って、ほんま愛でてぇな〜と思っております!

 

スポンサーリンク

 

子どもの頃から意識することなく、やってきたことこそエネルギーが湧いてくるもの

 

ライフワークについて考える時「子どもの頃何が好きだった?」というテーマで深めていくこともありますね。

 

子どもの頃って「純粋に好きなことを好き!」って言えてたことが多いから。

 

でも、子どもの頃から押し込めていた人もいますね・・・私も、その中の1人・・・

 

もう押し込め始めてた時に好きだったもの「1人でひっそり本を読む」が、そうなんかなぁ?って、しっくりこなくて悩んでた時もあります。

 

好きは好きだったんだけどもね・・・それは二次的なものだったみたいです。

 

ライフワークとか、熱源・熱軸って当たり前すぎて自分だけでは気づかなかったりする。

 

ホントに空気みたいだから。

 

無意識に子どもの頃からやっていることだったりするから。

 

あとはね〜、私の場合はだけども、めっちゃくちゃ単純でアホみたいなことで・・・

 

それをライフワークだとか、熱軸だとか熱源だとか言っちゃうと、ちょっと恥ずかしいやん!みたいなね〜!笑

 

そんな感じです。

 

愛未の熱源は「注目」熱軸は「表現」

 

私は、本当に目立ちたがり屋で、もはやそれを隠さずにブログやYouTubeでも暴露しているわけですが・・・

 

ホントに注目されることが大好き・・・笑

 

  • 私が1番自分のこのブログが好きだし
  • YouTubeの動画を編集するのも大好きだし(自分を見るの大好き)
  • 自分のダンスの動画も「下手くそやな〜」って思いつつ「上手いな〜!」と思う瞬間もあって見るの大好き・・・

 

書くことも話すことも踊ることも、全部周りからの注目があることで、コンコンとエネルギーが湧いてくるのです。

 

いや〜自分で書いてて、まぁまぁ恥ずかしいですよ?でも、もうそうなんだから、しょうがないやん!って開き直ってる。

 

だからこそ、中学の時に仲間はずれになったのかもしれないけれども、でもしょうがないやん。

 

そういう人なんだから。

 

嫌いな人もいるかもしれへんけれども、隠して生きる方がしんどいんやから、もうエエねんと開き直ってます!

 

もっと掘り下がった感覚「カッコイイ私」を常に意識して生きてきたなってこと

 

自分の熱源・熱軸を知って、ホクホクしながら帰ってきて、嬉しくなって過ごしている中で、しばらくして・・・

 

  • 傷つくこともあった。
  • 「私ってなんなんや!?」って思うこともあった。
  • 「こんな風に私は生きたいのか!?」って自問自答したこともあった

 

んです。実は・・・

 

そんな時に「私は、どう生きたい?」って問いかけ続けて返ってきたのはね・・・

 

かっこよく生きたい

 

だったんです。

 

「マジで!?私そんなこと思ってるんや?」ってなって、でも確かに当たり前過ぎて言語化して考えたことなかったわ!って目から鱗がポローってなりました。

 

私は「カッコイイ私」をいつも意識して生きてきました。

 

それはね〜ホントに私的には当たり前すぎて当たり前すぎて、もはや全く特別なことではないんです。

 

かっこよく在ること

 

が単純すぎて、アホみたいでおバカで、可愛いけれども・・・私の人生のテーマかもしれないです。笑

 

少年がヒーローであろうとするのと同じ感じです。(そう言えば、少年っぽいって言われたこともある)

 

私は、かっこよく在るためのファッション・メイク・立ち居振る舞い・・・いろんなことを常に無意識にやってます。

 

その一瞬一瞬の自分が絵になりたいって思ってる。笑

 

外見も中身も・・・

 

おバカだー!!!!( ̄▽ ̄)

 

でも、そんな私が私。かわいいもんじゃないですか〜!

 

スポンサーリンク

 

 

「かっこよく在りたい」って気づいてから、やりたいこと・選ぶことがもっとクリアになった!

 

人間関係でもね、離れるのが辛いな〜って思うこともあるんです。実は結構泣いた!(まぁ恋愛よね)

 

こんなブログを運営していますが、私も落ち込むことも、悲しくなることも、いっぱいありますよ〜なくならないです。

 

でも「かっこよく在りたい」私にフィットしないし、この関係を選んで私は自分らしくいられるの?心から幸せって笑えるの?って考えて・・・

 

ノー!だった。

 

具体的に、今から発展していくのか?ワクワクするのか?幸せを感じていけそうか?という未来もそうだし

 

「今」も幸せなのか?って考えた・・・

 

ノー!だった。

 

そう。ノー!だったの・・・

 

ちょっと自分的にも衝撃だったんだけれども・・・∑(゚Д゚)ぎゃ!ってなった。

 

実際に笑えなくなってきてる私がいた。ショックだけど。

 

幸せな時もありましたよ。でも、ずっとそうだとは限らんしね。変わっていく自分を受け入れようとも思った。

 

情熱の女だから、ちーっとばかし、悔しい気持ちとか?もうちょっと頑張れるんじゃとか?どうにかしてやりたい!このヤロー!って思う気持ちもないわけじゃないです。笑

 

でも、それで相手が振り向きそうになったら「いやいやいやいや!」ってなってる自分が確実にいて(野良猫やしね)

 

野良猫な自分の心理を置いておいても「いや〜違うな〜」って思える私がいた!

 

執着だなぁ〜って分けて考えられる自分がいた。

 

こんな記事も書いてるけれども、これは自分にも言える話だってことです。(愛未もそんなもんよ 笑)

>>自分のことを好きじゃない人を好きということについて「好きは万能じゃない」

 

ちょっと感動だった。

 

寂しいけれども、ちょっと感動だった。

 

泣けてくるけれども、感動だった。

 

ちゃんと悲しもうと思った。

 

そしたら、私はまた歩いていけると思った。

 

今も確実に歩いて行っていると実感できた。

 

やっぱり「私がどう生きていきたいか?」が分かってきたからなんですね。

 

生きていく指標ができたから。軸が見えたからです。

 

かっこ良いと感じる私の中の感覚(美意識)を無視出来ない。

 

自分の中の「かっこよさ」(美意識)が迷う時も「こっちやで〜」と教えてくれるなぁって思いました。

 

人はね〜完璧じゃないですし、私は「醜さを愛せ」とかもゆーてます。これですね!

>>「醜さを愛せ」どんな自分も受け入れてあげよう。自分を許した分だけ相手を許せる。

 

でも、醜くあってもいいと許しつつ「何を選ぶか?選びたいか?」は自分の喜び基準で決められます。(私はかっこよさ)

 

人によって違うと思うけれども、誰にでも確実に、そんな自分の喜びになる熱源・熱軸・ライフワークはあるんですよ!

 

最後に・・・自分がどう生きたいかって単純なことかもよ?

 

私の「かっこよく在りたい!」みたいなね〜

 

何の役に立つのか?パッと見、全然分からんことなのかもしれません。

 

私がかっこよく在ることが、すごい直接的に人の役に立ったりはしないと思うもん。

 

でも、そんなもんで良いんだって思う。

 

人に「かっこよく在りたいんですよね〜」って話して「すごい!」「立派だね!」って言われることでもないけど・・・

 

まじか〜い!って言われたり(バカにされるのとはまた違う)

イイね!イイね〜!って笑ってもらえるような

 

そんなもんで良いって思います。そんなもんで良かったなって思います。

 

そんなこんなで、今私がやりたいことは、これです!笑

>>かっこよく在りたい私「ボディメイク」に怖る恐る挑戦したい・・・

 

恋愛トークしても良し!

オシャレの話しても良し!

お悩みの相談しても良し!な

なんでもあり〜な自由なお茶会を開催中!

 

  • お茶代のみ(なのですが〜愛未のお茶代もお願いいたします♡に変更!)
  • 大阪・京都のホテルのラウンジ
  • まずは、愛未との2人のお茶会
  • 遠方の方はスカイプやZOOMを利用して、お家にいながら参加いただけます!

 

カウンセリングよりも、お気軽に!楽しく〜ゆる〜く恋愛トークいたしましょ〜♡

 

お申込み・お問合せはこちらから!

フォームより、第3希望まで日程をお知らせください。

待ってるでぃ!

 

恋愛相談を募集しています!

過去にいただいたリクエストへの回答記事一覧はこちら

 

メルマガバナー

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

かっこよく在りたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です