恋愛が怖い?男性不信?自信がない?そんな私の成長記録「何とかなる!」って思える今

発見

愛未(あいみ)です。

 

私は、今年の5月くらいまで「しばらく恋愛はしないもーん!休むもーん!」と思って過ごしていました。

 

ズバッと理由を言えば、「恋愛怖い!」「恋愛における男性は信じられん!」「そもそも自分に自信がない!」

 

もうイヤ!絶対!恋愛したくない!(今は)

 

と思ったからです。(今はってところがポイントですけれどね)

 

恋愛大好きなやつなので、ほっといたら、すぐに好きな人が出来るヤツなんですけれどねぇ・・・(彼氏ではない。残念。笑)

 

今回はもっと掘り下げて・・・

 

  • なぜ恋愛をしないと決めたのか?
  • 恋愛をせずに私は何をしていたのか?
  • そんな風に過ごしているうちに、私は何を得たのか?
  • 今、どんな心境の変化があったのか?

 

を書いていきたいと思います〜!

 

あいみ

私のための「自分の成長を実感して受け取ろう」という企画でもあります!良かったら、お付き合いくださいませね〜!

自分の成長を受け取るのは、めっちゃくちゃ大切ですからね!

 

スポンサーリンク

 

恋愛をしていた方が良いという思い込みがあった

 

なんかちょっと、恋愛しているってステータスというか・・・

 

恋愛していないより、している方が人生にハリがあるというか・・・

 

どんなに悩んでていても、彼氏や好きな人がいる方が良いやん、マシやんみたいな思いがあったというか・・・

 

そもそもに20代に突入したら「いつでも生涯のパートナーウェルカム!タイミングが合えば、いつでも結婚したい!しておいた方が良い!」という、思い込みのような焦りがあったというか・・・

 

そんな感じです。笑

 

世間の風潮も大体こんな感じじゃないですか?

 

周りも当たり前に「今は恋愛どうなの?彼氏どうなの?順調なの?結婚は?」みたいな感じだったので、疑問に思うこともなかったんです。

 

でもさ、でもさ、でもさ、せーので言うよ?

 

当たり前じゃない!

 

心理学に出会うまで「当たり前とは、なんじゃ?本当に当たり前なのか?」という疑問も持たなかったんです。

 

思い込みですよね〜世間の風潮の刷り込みだわ〜ホント、恐ろしい!

 

恋愛をしなくても良いと思えたら、めっちゃ楽になった!

 

私が心理学に出会うきっかけは失恋でした。

 

そこから芋づる式に「人生がしんどい」と思っていることに気づき、親子関係の問題が浮上し、罪悪感にまみれていて、自己肯定感が低い・・・などが出てきたわけです。(ホント、出会えて良かったよ)

 

失恋で、こっぴどく傷ついて「もう私はあかん」と絶望しました。

 

相手の男性に怒りも執着もいっぱいになって、さらにはその奥にいる他の女性にも嫉妬や怒りがいっぱいになって気づいたんです。

 

こんな思いを抱えたまま、恋愛が楽しいと思えないまま、恋愛を無理にしようとしなくても良いんじゃないか!?と・・・

 

恋愛をしなくても良い。しないという選択がある。

 

今、しんどくて辛いのならば、思いっきり全力で逃げても良いのではないか。

 

これまでの人生において、全くない発想が出てきました。

 

「思い込みの癖がないだろうか?」この視点を持てたことで、出てきた発想です。

 

これ、めっちゃ成長じゃない!?すんごくない!?笑

 

あいみの成長ポイント
  • 勇気を出してカウンセリングを受けた
  • 勇気を出してセミナーに参加した
  • 心理学が好きになり勉強した
  • 選択の自由があることに気づけた
  • 思い込みの癖がないか?という視点を持てた

 

自分に優しく、自分の心を見つめる時間を過ごすことにした

 

  • 自分を癒す
  • 自分のために時間を使う
  • 自分がどんな風に生きたいかに正直に、素直になる

 

そんな時間を過ごそうと思いました。

 

怒り、悲しみ、恨み、つらみを出すことを習慣化することにした

 

彼に当てた手紙を書くことが良いと聞いて、心理学に出会った当初、手紙をたくさん書きました。

 

出さない手紙ですね。自分の気持ちを出す、感情を感じるための手紙です。

 

言えなかったこと、伝えられなかった本心をひたすらに素直に綴るものです。

 

はい、私のブログでは毎度おなじみの感情(うんこ)をだそうですね!

怒り・悲しみ・不安…ネガティブな感情は手紙にしたためよ!びっくりするくらいスッキリするよ!

 

でも、しばらくしても、また怒りがぶり返したり、どん底のような気持ちを感じることもありました。

 

出るたびに、とにかく書くことが必要だ!と思い、お恨み帳にシフトしました。

 

書いているうちに、だんだんと彼に対する気持ちが出る頻度は減っていきました。

 

日常でも怒りを感じたり、悲しくなったりすることは、絶対に何かしらあるので、1日の終わりに書くことを続けることにしました。

 

そうすると、こんな効果が現れてきたんです。

 

  • 苛立っていた相手に対する気持ちが持続しなくなった。
  • 癒着体質が軽くなり「人は人。自分は自分。」という意識になった
  • 次会ってもムカつくだろうなぁって思っても、実際に会うと「あれ?ムカつかない!」
  • 我慢していないのに相手との関係が良くなっている。(1度や2度じゃないんです。うぉ〜!不思議!)

 

あいみの成長ポイント
  • 自分が嫌だと感じる感情と向き合った
  • 自分の感情と付き合う習慣ができた
  • 好きだった人を手放せた
  • 心理的癒着グセとの付き合い方が分かってきた
  • 「人と付き合うのはしんどい」と思っていたのに楽になった

 

本音で母親と話した

 

母親との関係は、心理学に出会った頃から向き合い続けてきました。

 

私の生きにくさの大きな原因は「母親との心理的癒着」だったんですね。

 

「母親の人生をコピーするかのように生きている」とカウンセラーの先生に言われた時は、超絶びっくりしました。

 

あいみ

恋愛の相談をしにきたのに、なぜオカンが出てきた!?

 

自分も集中的に取り組んだことなので、母親との関係に記事は結構書いています。

良かったら読んでみてください。カウンセラーを目指していた頃の記事です。真面目です。

 

【長女と母親】愛ゆえの癒着心理。心の線引きをして自分の人生を生きる

母親を嫌いな気持ちと向き合う方法。あなたは自分の人生を幸せに生きていい!

【母親の暴言や怒り】寂しいお母さんに彼氏とのお付き合いを反対されています。

 

母親から「あんた(私)や妹が、私(母)から逃げたいと思うのは当然よね」ということを言われました。私たちが母を見捨てているというニュアンスで伝えてきました。

 

猛烈に悲しくなりましたし、怒りも沸きましたが、母の言葉に飲み込まれずに・・・

 

「私もやってあげれることは、やってあげたいし、助けてあげたい。ママのことは大好きやから。」

 

「でも、出来ることと出来ないことがある。私は、人の心とくっつきやすい癖があるから、自分では注意して生きるようになってきた。」

 

「お互いに大人同士として、頑張ろう」

 

伝えることが出来ました。

 

面白かったのは、言い合いの最中に・・・

 

母は「あんたらは、私が強い女やと思ってるやろ!?」

 

私は「私が、なんでも出来るやつと思ってるやろ!?」

 

「助けて欲しいと思ってるのに、なんでやねん!?なんで助けてくれへんねん!?」と2人とも叫んでおりました。

 

助けてもらえなかった傷ついた子どもの頃の自分がいるんだなぁ〜。本当、似た者同士ですよね〜 笑

 

この出来事の後、母の様子がガラッと変わり、関係が一歩違うステージに入ったことを感じています。

 

あいみの成長ポイント
  • 伝えたい気持ちを素直に話せた
  • 母親のことを大好きなことを伝えられた
  • 大人同士として、お互いに自分の人生を生きようと決意できた
  • 母も同じ気持ちを抱えていることが分かった
  • 母に対する気持ちが優しいものに変化した

 

しんどさに敏感になり、仕事を整理した

 

今思えば、私はハードワーク気味でした。たくさんのやらなければいけないことを詰め込んでいました。なのに・・・

 

私って、体力ないなぁ〜ダメダメだなぁ〜って自分を責めていました。

 

だんだんと、やりたくないなぁ〜と思っている気持ちが出てきて、でも「いやいや、そんなこと言ってても、やらなければいけないことだ」と奮い立たせていたのが・・・

 

こんなにしんどくなるということは、そもそも出来ないのではないだろうか?

 

もしかして、やらなくても良いのではないだろうか?

 

・・・

・・・

・・・

・・・

 

辞めても良いんじゃない!?辞めよう!

 

しんどさに敏感になることは、悪いことのように感じることもあるかもしれませんが、今まで麻痺したいた感覚を取り戻したんですね。

 

本来の自分に戻っていく感覚で、とても清々しいです。

 

結果、自分の好きなことをするための時間が増えましたし、心にも体にも余裕が出て、毎日の幸せ度が増しました。

 

あいみの成長ポイント
  • 自分の状態(しんどさなど)に敏感になれた
  • やらなけれなならないことより、好きなことを選べるようになった
  • 本来の自分に戻る感覚を味わった
  • 毎日の幸せ度が増した

 

安全な男性から、甘えたり、頼るようになった

 

好きな人には、まだ出せない部分なのですが〜・・・(これも、またお勉強だな!)

 

甘えるなんて、大人の女がしてはいけない!って思い込んでいました。

 

「しっかりしていないと愛されない!」と、ずーっと思って、それが自分の行動基準でした。

 

今は180度違う考えになったので、過去の自分の思い込みの方が「なんでやねん!」

 

最初は、安全な人から練習しようと思ったのです。(練習台になっていただいている年配の男性たち、根本先生、ありがとうございます。)

 

練習、練習、やったことないんだから、とにかく練習!と思って、甘えたり、助けてもらえるようにお願いしたり、お願いの仕方も可愛くしたり・・・そうしていくうちに・・・

 

可愛く甘えられる自分が当たり前になっていきました。

 

こんなに可愛い自分が、自分の中で眠っていたんだなぁ〜って気づきました。

 

あいみの成長ポイント
  • 助けてもらえない自分から、助けてもらえる自分になった
  • 男性に甘える、頼る、助けてもらうことへの抵抗が少なくなった
  • 可愛い自分がいることを知った
  • 私を助けたいと思ってくれている人たちからの、愛を受け取れるようになった

 

女性としての自分に自信が持てるようになった

 

失恋によって、私の女としての自信は木っ端微塵に砕け散りました。

 

でも、砕け散る前から、自信は元々なかったんですよね。

 

ずーっと「私は子供っぽくて、大人の女性ではない。」と感じていました。

 

今はね、子どもっぽくて可愛い自分も私だし、同時に色気のある大人の女性の私も並行して存在しているって思えています。

 

私は私のままで、ちゃーんと、いつも女なんだなぁ〜

 

女性は、女性というだけで価値があるんだって実感しています。

 

 

これまでも、メイクやファッション好きだったし、自分の好きなものを身につけてきました。でも「ちゃんとしないと!」とか「格好悪くないように」とか、そんな気持ちが強かったです。

 

今は、メイクもファッションも自分が心地よい気持ちが全面に出ていて楽しいです。

 

ネイルに関する、自分の好きを詰め込んだ記事

ネイルは赤(レッド)が好き!赤一択!

 

あいみの成長ポイント
  • どんな自分も私と思えるようになった
  • どんな自分も女性としての価値があると気づけた
  • 女性である自分を楽しんで過ごせるようになった

 

やりたいと感じたことは、どんどんやることにした!飽き性バンザイ!

 

私は、実はめっちゃくちゃに飽き性なんですね。そんな自分のことを「ちゃんと続けられない自分はダメだなぁ」って強く思ってきました。

 

  • そもそもに、続けないとあかんの?
  • 興味が、どんどん移ることはダメなことなの?
  • というか、本当に好きと感じたことは、実は続いているじゃないか!
  • それは、やってみないと気づけなかったことではないか!

 

とりあえずやってみて、興味が続かないものは辞めて、残るものを大切にしていけば良いではないですか!

 

めっちゃ、単純だったー!なんで、続かないことがダメだと思っていたんだろー!

 

あいみの成長ポイント
  • 「長所も短所もない!」自分の特徴を受け入れられた
  • やりたいことに挑戦するハードルがグッと下がった
  • (今はやっていないけれど)カウンセラーを目指して動いた
  • ここでも自分の思い込みの癖があることに気づけた
  • 自分の好きなこと、そうでもないことへの気づきが早くなって好循環が生まれた

 

自分の好きなことに気づいた

 

私は「心理学が好きだ!」と気づいてから、好きを生かせるカウンセラーになろうと思いました。

 

心理学は好きだけれどカウンセラーは違うかもなぁと思い始めた時は、かなり葛藤しました。

 

別に「心理学好き=カウンセラー」じゃなくても良かったんですね。心理学が好きだから、なかなかカウンセラーを辞めるという発想になれずに、苦しみました。

 

そういう時って、かなり視野が狭くなっていて、一本の道しか見えなくなっているんですよね。「苦しいし嫌だ!」と潔く逃亡しました。笑

 

そうしているうちに、このブログ以外にも、ずーっと趣味でブログを書くということを続けてきたことに気づきました。(10代後半から書いてきているので、10年はゆうに超えていたのです!)

 

自分の気持ちを文章にして、発信して、誰かが読んでくれて、その思いが蓄積されていくブログという場所は、意識したことはなかったけれど、めっちゃくちゃに大好き!だったんですよね!

 

じゃあ、大好きな心理学と、大好きなブログと、大好きな自分の気持ちを素直に表現することを一緒にしてしまえば良いじゃないか!

 

キラーン!目に力が戻った瞬間でした。

 

あいみの成長ポイント
  • 悩むときは、潔く逃亡できた
  • 実は、ずっと続けている好きなことに気づけた
  • 好きなことと好きなことを組み合わせた、超絶大好きなことに出会えた
  • 好きなことにワクワクして過ごせるようになった

 

スポンサーリンク

 

根拠はないけど、恋愛も上手くいく時が来るだろうと思っています

 

こんな風に過ごしているうちに「恋愛怖い!」「恋愛における男性は信じられん!」「そもそも自分に自信がない!」「もうイヤ!絶対!恋愛したくない!(今は)」という気持ちが薄れていました。

 

めっちゃくちゃ、お恥ずかしいですが、出会う男性、「少し好意を持ってくれているかも!?」と感じる男性を敵視して見ていたんです。

 

私に近づくな!(心の中でゴー!!!と怒りの炎が燃えている)

 

そんな気持ちは、どこかに行ってしまいました。

 

友達に「もう恋愛なんて、したくないんや」と涙した時もありましたが、「なんだか良いかも〜気になるかも〜というか、好きかも〜」と思える男性に出会えました。

 

何より、男性に接することが、楽しいと思えるようになってきたんです。以前の私には、ない感覚です。

 

  • 恋愛は、我慢で、忍耐で、男性に合わせないといけない
  • 恋愛は、自分が出来ないこと嫌なことも、努力しなければならない

 

今思うと、なんでこんなこと思ってたの?くらいの感覚ですが・・・

 

そうなる理由は確かにあった。理由が分かって自分の気持ちを聞いてあげたら、素直になって行くんだ!ってことが分かりました。

 

表面的ではない、自分も相手も幸せになれるスキルを勉強しようと思う

 

実際に男性と向き合おうと思った時に「分からない〜」「やりたいのに出来ない〜」と思うことが出てきました。

 

ポイントは、やりたいのに出来ないというところ。

 

「やりたくないけど、我慢してやらなくてはいけない」では、ないんです。

 

本当はもっと素直な気持ちで接したい。私も幸せになれるし、男性もきっと幸せに出来る!のに、やり方が分からない〜!どうやったら良いのか分からなくて、怖くなってしまう〜!

 

この記事でもあげた自分が好きな男性に限って、感情が出せない問題」「自分が好きな男性に限って、褒められない問題」です。

 

これも、諦めずに取り組んでいけば、きっと何とか出来るし、私また成長できる!って思えています。

 

前向きで明るい方に向かって歩けるようになったなぁ・・・

 

自分の成長を受け取ることは、めっちゃくちゃ大切!

 

すんごぉく長くなってしまいましたが、最後まで読んでくださった方は、相当恋愛好きですね?笑

 

私は、この記事を「自分の成長を実感して受け取ろう」という目的でツラツラと7000文字近くも書いてきました。(なげーよ!)

 

でも、伝えたかったことがあります。

 

私は、自分が成長しているなんて考えたことがありませんでした。自分にダメ出しするしかしてきませんでした。

 

それなのに!こーーんなにいっぱい成長していることって、実はいっぱいあります。

 

自分で見ないようにしているだけです。

 

頑張り屋さん、自立している人は、ほんっとーに自分に厳しいです。厳しすぎます。逆えこひいきしてます。

 

あなたも、きっとそうなんじゃないでしょうか?

 

私みたいに、ブログ記事にしなくても良いですが、視点を変えて自分の成長を見つけてみてください。受け取ってください。

 

私、めっちゃ頑張ってるやん。変わってるやん。偉いやーん!って言ってあげてほしいなって思います。

 

そしたら、また、もっと幸せな方に向かって歩けるし、頑張れるから!

スポンサーリンク
発見

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

心理学大好きな自分の心を見つめることが趣味の変態です。

『ありのままの自分を愛してあげる』をテーマに、人生なんだか幸せ〜人生楽しい〜自分大好き〜と思えるようになる方法を書いています。

個性的なものが好きで、目立ちたがり屋のくせにシャイです。

そして人が好きです。

➡︎詳しいプロフィールはこちら