先日、右京みさほさんの秘密のカウンセリングを受けてきました〜〜〜!!

 

秘密の〜と謳われているのに冒頭で暴露してしまった!!だって、自分を隠さないと決めたんですもん!

 

私が、何故カウンセリングを受けてみたいと思ったのかは、こちらをご覧ください。

自分の女性と向き合う。セクシャリティについて。私の幼い頃の経験により

 

びっくりする気づきをたくさんいただきました。びっくりしたけど、するんと受け入れることが出来たなぁと感じています。

 

嬉しくて、楽しい!そんなカウンセリングでした。鼻息荒く、気づきや感想、私の変化について書いていきたいと思います。

 

あいみ
現時点でのアウトプットをします!でも、これからもっともっと変化していくのです。自分でも楽しみだなぁ〜

 

なぜ右京みさほさんに会いたくなったのか?

 

男性じゃなくて女性に会いたいなぁと感じたから

 

私は、これまで自分がカウンセリングを受ける際は、ずっと男性の方を選んできました。

 

女性だと母を連想するし、母と同じような人を引き寄せてしまうことも多かったので、怖かったのです。

 

 

今回のセクシャリティのテーマでは、母との関係が要因であると書かざるを得ない内容です。

しかし、私は母を否定したいわけではありません。

私の母は、悪い母ではなく、愛情深い女性で母親です。

心理的要因を見ていく上で、このような表現になりますことをご理解下さいませ。

 

私も母も、お互いを愛しているが故に影響を及ぼしあってきたということです。

 

どんな親も、子どもへの影響力は凄まじいのです。

 

 

また、中学時代に仲間はずれにあったことから、女性との付き合いには細心の注意が必要だと思い込むようになりました。

女性と一緒にいると、自分を抑え、必要以上に気を使いすぎるので、疲れてしまっていたのです。

何度も言いますが、今はそんなことはありませんよ!そんな怖れがあったんだなぁと思うくらい生きやすくなっております。(また別の記事で触れますね)

 

長く「女性怖い。緊張する。」と思ってきた私にとって、この変化は自分にとっても

 

すごいぞ!やっぱ私、変わったんだな!

 

と、びっくり&嬉しい変化を実感したのでした。

 

ビジョンとなる女性に会いたいと思ったから

 

この後にも触れますが、私の母はセクシャリティについて、押さえ込んでくる人でした。

また、父と母の関係を見ていて、男女や夫婦の関係に良いところが見出せずにいました。つまり・・・

 

お手本がない!

 

いざ、自分の女性を受け入れて生きていこう!男性を受け入れる!と決意しても「分からん!」となっていたのです。

 

 

女性として生きている女性にビジョンを見せてもらいたかったのです。

 

自分の女性を受け入れて生きるということに、挑戦してきた人だと感じたから

 

ブログを拝見して、「女として生きるということが、こんなに楽しくて幸せなんだよ〜」と発信されている。女性の自分も、男性のことも受け入れて生きてらっしゃる。

 

それだけ、向き合ってこられたのだなと思います。

 

「良いなぁ〜羨ましいなぁ〜本当は私もそうなりたいなぁ」って思いました。

その人の空気、オーラ、エネルギーを身近に感じることが1番の薬じゃない!?って気づいたのです。

 

 

大きく3つの理由書きましたが、この人に会いたい!と思ったのは、まずは直感です。直感大事!

 

太陽と女性

 

やはりラスボスは母なのです。

 

幼少期のいたずらであったり、両親と私の関係、父と母の2人の関係について、お話ししていく中で、やっぱりココであったか・・・と思いました。

 

ラスボスはお母さん

 

母は、私が女性であることを、あまり快く思っていないんだなって感じていたのです。

結婚して幸せになってほしいと言いますけれど、私が男性との付き合いをするのは嫌そうでした。(どちらも相反しますが、本音だと思います)

「孫見たい」と思っているようですが、リアルに私がセックスをするのは嫌がっていました。(言動や表情から感じていました。)

私が1人暮らしを始めてから、買った下着を見て「いやらしい」と言われたり・・・(私は可愛い下着大好き!いつまでも眺めていたいです!)

 

しかし、反発しながらも、その母の思う通りに生きようとしてきました。

母から受け継いだ固定概念を生きてきました。

子どもの頃は、特に!素直すぎるわ!ってくらい素直に!

 

親からの影響!?そんなことあるの!?って思うかもしれません。

 

私たちは、子どもは、親を愛するがゆえに、その観念を忠実に守ろうとします。

 

ある人は、その観念を大事に大事に守りながら生きています。

ある人は、反抗して手放そうと思っても、大事に握りしめていたりします。

 

自分でも気づくこともないままに、そうやって生きていることがあるのです。愛ゆえに。

 

母親が娘の女性を抑え込もうとするのは何故なのか!?

 

セクシャリティが高いから

 

では、なぜセクシャリティ高いと抑えこむ必要があるの?

理由は他にもたくさん、あるだろうとは思いますが・・・こんな感じでしょうか。

  1. セクシャリティの高さは危険も伴う(性的ないたずらに合うなど)
  2. 自分の子どもでいて欲しい(大人の女性になってしまう怖れ。子離れできない心理)
  3. 同性同士の嫉妬(ゆーて、母も女だから)

 

抑え込もう、蓋をしようとされてきた私は、相当にセクシャリティ高いのだ!と教えていただいて、単純ですが・・・

 

なんじゃそらー!!でも、嬉しい!

 

ここを知れただけで、すでに癒しは大きいですね!笑

 

母は離そうと思えば放せる。娘も飛び立とうとすれば飛べる。でも・・・

 

反抗期を迎える。言われることに意を介さずに我が道を行く。ってことが、親離れ子離れになるのです。(私は思春期に反抗期なかったのです)

 

みさほさんにお話いただいたこと。

今もお母さんとへその緒で繋がってるって感じ。

 

母のせいだけではなく、私も、へその緒で繋がっていたいから、今の状態なわけですよね。

母から植え付けられたもので生きるのではなく、自分自身で選び生きていくことが必要になったきたのです。

 

んじゃ、新しいものを、取り入れよう!選んでみよう!ということで・・・

 

母と赤ちゃん

 

 

【気づき】自分の思い込みをザクザクと掘り返して、新しい土壌を一緒に作ってくださいました!

 

自画自賛するけど、このタイトルが今回のカウンセリングを表すのにぴったりだ!笑

 

愛は育むのに時間がかかる!先にセックスからでも良い

 

私が今までやってきたことと、正反対。

試して試して、相手が本気なのかを知ろう知ろうとし続けてきました。

そして、しっかりと愛を確認した最後にセックスが来るのだと思ってきました。

 

愛を育むのは時間がかかる!

 

もしかすると、純粋無欠の愛になるのは、おじいちゃんおばあちゃんになった時になるかもしれない。

だから、逆の方が効率が良いのだそう。たたた確かに!!!!

先に一緒にいて居心地が良いかを、まず知って良いのだということです。(セックスが先になっても良い)

 

自分が選択するということ。被害者にならない。

 

でも、その際の注意点として「自分が選択してしましょう」ということでした。

これは、私も思ってきたことなのですが、なぜセックスをすると女性が被害者のようになってしまうことがあるのだろうか?ということ。

合意の上なのであれば、自分が選んだと、なぜ言えないの?と思っています。

私は、そこで被害者になるのは嫌ですね。

「なんじゃ、それ私ら男性と対等じゃないんかい!?捧げるって感じかい!?」って思ってしまうのです。

いつもはもっと優しいですからね!こんな言い方しないですからね!大丈夫ですよ〜!笑

 

 

様々な相性がセックスがきっかけで分かる。

 

なんだか、心地よい。という感覚がとても大切なのだそうです。そして、それはセックスで分かるということです。

また「なんかよく分からないけれど、でも、気になるなぁ」という感覚もとても大切なのだそう。

そして、違うなぁと思えば「ごめんなさい」をしたら良いのだそうです。それはお互い様だから。

 

女性に頭はないんだよ!というお話

 

子宮などの女性器の形を見てみると、女性の身体のシルエットにそっくりなのだそう!すんごい、びっくりした!

でもですね、そこには・・・頭がないんですって!

 

そんな不思議なお話が大好きな私!しかも、頷けるもの!

だからね、恋愛の時に女性に頭は必要ないのだそう。感覚、直感、自分の気持ちが大切なんです。

 

男性は逆に頭なんだよ!というお話

 

男性は本当に脳で生きているんだそうです。私は女性なので、その感覚分からないけれど。

だから、心でする恋愛は女性がリーダーシップを取ると良いのでしょうね♡

そう!そして、私には今回のカウンセリングでお話するまで、疑うこともしなかった1つの思い込みがあったのです。

 

全部、男性から始めてもらわなければならない!これ違う!

 

行為(キス・セックス)は1番最初の1回目は全部男性から始めること!と思っていて・・・

てか、ホントさ、世間一般?メディアの情報とかも、そういう風に教えてきません?

さらに私の思い込みのすごいところは、そのような行為に進むように「愛させる」ということも、頑なにしようとしなかったこと!!

 

ががが・・・頑固だ。頑固っていうのが適切なのかは分からないけど。思い込み激しい!

 

でもね、本当は私、自分から動きたい人だったのです。

 

だって、恋愛に関すること以外、結構!我が道を好きなように歩んでいますもん。

恋愛だって、待ってなくて自分で本当は動きたいんですよ。したいこといっぱいあるのですよ!

だから、はよ1回目始めてくれんかな?って思っていました。受け入れる体制も見せないくせに。

そのあたりが私が野良猫な部分だなと思うけど。まぁ、そこは責めてもしょうがないかな(私にも野良猫になる理由があったのですよ。そんな自分に優しくします!)

 

それって、Sなんだよね!

 

みさほさんに言っていただいたので、正直に言います。私、Sなのです。。。。

自分でも気づいていたので、「人から見ても、そうなんだ」と思えた途端に楽になり嬉しくなりました。笑

 

なんか、いいな〜と思う人はいっぱいいる!それって、素晴らしいよ!

 

私、あまり男の人に対しての条件などのハードルはないのです。全然、具体的には思い浮かばないのです。

強いて言うなれば、私のことを面白いと思って見ててくれる人

 

「それって、すごい良いことだよ」と言っていただいて、とても嬉しかったです。

 

仲良くしたいと思ってくれてるのかなぁと思うと、嬉しくなって仲良くなりたいなぁって思うんです。ただですねぇ・・・

仲良くなっていった最後の壁を、うーんと高く!うーんと分厚くしている!

これが私にとって問題なんですよね〜・・・んじゃ、それはどうしたら良いのだろう?ってところ

 

城壁

お堀まで張り巡らせてはいなかったと思うよ!笑

 

怖いのは知らないから。必要なのは練習。

 

まずは、ぜーんぶが練習だと思ってやってごらん。と言っていただきました。

そっか〜練習なのか!って思いました。いつも真剣に、いつも全力で、いつも本番!と思えるのが私の長所でもあるのですが、そうだと、すんごい

 

重くなってしまうんですよね。

 

みさほさん、「練習だと思っていたことが、本物になることもあるから大丈夫だよ!」って言ってくださいました。

心が軽くなるように、心持ちを教えてくださったんですね。

 

実は男性は知らない。コミュニケーションは女性から!

 

これ、女性が男性のことが、よく分からないのと同じで、男性も女性のこと分からないし知らない!んだけど、なぜか「このくらい分かるでしょ!」をやってしまうのですよねぇ。

 

自分のことをいっぱい教えてあげるのって大切なんだ!

 

セックスのことでも、女性からコミュニケーションをとっていけると良いのだそうです。

セックス大切ですもんね。男性にとって。(もちろん女性にとってもですが)

大切なことについて、しっかりとコミュニケーションを取ろうとしてくれる女性に男性が愛を感じないわけはないし、愛さないはずがない!

 

そうやって、愛させてあげる!ということも愛情表現なんですよね。

 

本当に、これが耳がいたいし、涙もにじむ!でも、気づいたなら大丈夫だなって思います!

 

 

女性はね、自分の感覚・直感・気持ちを大切にしていけば良いんだよ

 

総じて気づかせて頂いたことは、これだなと思います。

そうやって、自分で自分の女性の部分を楽しんでいると・・・

 

楽しんでいる人と、人は一緒にいたくなる!

 

自分が選ぶ人になると、自然と選ばれる!

 

愛させてあげる行動につながる!

 

まだまだ続くよ!

 

盛りだくさんで、たくさんの気づきをいただきました。

私は、セックスという言葉も昔はタブーだったなぁと、ふと懐かしい気持ちになります。それはそれで、初々しく可愛い愛未ちゃんだったのだけど〜

男の子のような格好を好んでしていたこともあったし、自分が不細工で女らしくないって思ってたこともあったのに、今は思わない。

それだけ強くセクシャリティについて否定してきたことも、だんだんと確実に変化しているのです。

 

ちょっと長くなりましたので、続きは別記事に!

同じだ〜!共感したこと・みさほさんはこんな人・私はどう変化していくのか?編になります。

 

スポンサーリンク
右京みさほさんカウンセリング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

心理学大好きな自分の心を見つめることが趣味の変態です。

『ありのままの自分を愛してあげる』をテーマに、人生なんだか幸せ〜人生楽しい〜自分大好き〜と思えるようになる方法を書いています。

個性的なものが好きで、目立ちたがり屋のくせにシャイです。

そして人が好きです。

➡︎詳しいプロフィールはこちら