今日の帰り道、懐かしさを感じる素敵な笑顔に出会いました。

親子の帰り道

愛未(あいみ)です。

 

衝動的に、見た瞬間に、この一瞬に感じた気持ちを書いておかなければならない!と思う時があります。

 

その瞬間に出会えた時が、とてもとても幸せです。

 

今日はね〜仕事をお休みをいただいて、セミナーに参加して、税務署に行って、確定申告をしようとしたら印鑑を忘れて「しまった〜!」と仕方なく帰ってきた帰り道・・・

 

目に入った光景が、とってもとっても素敵だったのです。

 

私の前を小学生の男の子が3人、ランドセルを背負って歩いていました。

 

その前に、笑顔でその光景を見ている女性がいました。

 

すごくすごく良い笑顔で思わず「いい笑顔やなぁ」って見とれて。

 

そしたら、3人の内の1人の男の子のお母さんだった。

 

帰ってきた男の子に笑顔を向けて、その子が被っている通学帽を脱がせて、顔を見つめて笑うお母さん

 

ちょっと「もう!」って顔をしながら、やっぱりお母さんに向かって安心しきった顔を見せる男の子

 

本当に何気ない、日常の1コマ

 

その一瞬が目に焼き付いて、通り過ぎた瞬間に、私の涙腺は決壊しました。

 

なんて、美しいんだろう。

 

これが、愛なんだろうな。愛なんだな。

 

そして、これは私も知っている。懐かしい・・・懐かしい・・・

 

どの場面って思い出さないけれど、私の母も何度も何度も、あんな笑顔を私に向けてくれていただろう。

 

今日は、よく晴れていて、ちょっと日が落ちてきた青空の中に、そのお母さんと男の子が私に素敵なものを見せてくれました。

 

本当に、美しさしかないんだなぁと思って、こういうものが見れるから産まれて生きてきて良かったなぁと思います。

 

ずっと愛されてきたなぁって思いました。

 

じゃなかったら、私は、あの光景をこんなに綺麗だって感じない。こんなに心を動かされて泣けない。

 

あのお母さんの笑顔に懐かしさを感じない。

 

幸せで。ありがとうと思わずにはいられないです。

 

 

スポンサーリンク

親子の帰り道

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です