生理前のイライラや体調の変化に困っていませんか?

 

 実は、そのイライラやネガティブな感情は、悪いものではないのだ! 

 

かく言う私も、イライラするし普段とは違ってネガティブな考えが沸き起こってきます。

 

腰も痛くなってくるし、冷えやすくなります。本当ね、これでもかってくらい不快な時期です。

 

このような症状をPMS(月経前症候群)と言います。知っている方もたくさんいるかな〜

 

月に1回やってくるものだけど、どうしたら良いか分からない。とにかく仕事も忙しいし、予定もあるし、そんなこと言ってられない!って人も多いと思います。

 

今日はPMS(月経前症候群)時の心との付き合い方についてお話したいと思います〜!

 

あいみ
月に1度、やってくるものだから、上手く付き合っていければ良いですよね〜!

そして、体調が悪化する方は無理をせずに病院に行きましょう!

 

そもそもPMS(月経前症候群)ってなに?

 

PMSとは(Premenstrual Syndrome)の略で、日本語では「月経前症候群」と呼ばれています。 生理が始まる前の約2週間に起こる、心とカラダのさまざまな不調のことで、生理が始まると自然に消えたり、軽くなるのが特徴です。
www.terumo-womens-health.jp/trouble/3_1.html より引用

 

人によって、症状も期間も様々だろうけど2週間と言うことは月の半分ですよね!?私、これ知った時衝撃を受けましたよ!

 

そして、あんまり無理はできないなぁって思ったんです。女性として生まれて、ある時から何年も月1回過ごす自分ですよ!

 

労って、大事にして、上手く付き合っていかないと、もたないよ〜!って思ったんですよね〜!

 

普段は出すことが出来ない感情を処理しようとしている

 

私たち女性は、本当に感情の生き物です。自分自身のことだけれども、全てを計りきれないくらいに、何層も層になっています。

 

男性も心は層になっていますが、女性のそれとは規模が違います。感情豊かで敏感です。

 

もし男性が読んでいらしたら、女性は宇宙規模の感情を持っていると思っておいて下さい。男性はそうだな宇宙に対して地球くらいかな。

 

地球

 

と言うことは、それだけ感情を処理する時間も必要になってくるということです。

 

  • 普段は、イライラしないことでも、なんだか無性に腹が立ってくる。
  • 昔のことを思い出して、「あの時なんであんなことをしてしまったんだろう」と後悔する。
  • もうとっくに忘れていた元彼を思い出して、なぜか泣けてくる。
  • 許せないことが増える。

 

などなど、他にもたーくさんあると思います。これ実は普段からも感じていたり、気づいていないだけで心の片隅にあるんです。

 

でも、私たちはもう良い大人で、良い女なので(笑)、我慢をします。活動的になっているとポジティブが勝っちゃうので、その感情を大したことないと見落としがちです。

 

その感情たちが「おーい!ここにおるで!感じてくれよ〜!無視しないで〜蓋しないで〜!」って出てくるんです。

 

感情って、感じなければなくならないんですね。

 

ネガティブな感情を感じたくないから。とか、そんなの大したことない!私は強く生きるのよ〜!って見ないようにしていても、なくならないんです。溜まっていくだけなのです。

 

そんな感情を溜め込んでいくとね、人ってね身体に表れます。溜め込んで溜め込んでいくと、病気になります。

 

あいみ
心と身体の関係は、すごく興味があるので、これからもっとべんきょうしていきたいです。

また、みなさんにもご紹介出来たらなぁ〜

 

その感情を良しとしてあげる。抱きしめてあげる。

 

イライラ、怒りや悲しみ、嫉妬などの感情が出てきたら「どうしよ〜〜!なんじゃこれ〜!また生理来たー!」って嫌になります。

 

でも、「あっ、感情を処理しようとしてるんやな」って少し思えるだけでも違ってくると思うのです。

 

生理前、生理中というのは、女性にとってのデトックスの時期です。心も身体も。

 

怒り・悲しみ・嫉妬などのネガティブな感情を嫌がらないで欲しいのです。

 

否定せずに、「そうなんだね。そっか〜それは腹が立つね。悲しいね。しんどいね。いっつも頑張ってるんだね〜」って自分で言ってあげましょう。

 

すると、だんだん感情に振り回されることがなくなってくるのです。

 

イラっときたら、それを周りにぶつけたり、怒りオーラを放出するのではなくなっていきます。

 

「あっ、今私イラっときたな!これ嫌なんだな!」と気づくことが出来るようになります。

 

時間を作って、自分を大切にしてあげる。

 

私は、生理2日前くらいからは、あまり予定を入れないようにしています。なるべくですけれど・・・

 

私は会社員としても働いていますし、ダンスのインストラクターもしながらの心理カウンセラーなので(自分で言うのもなんだけど忙しい!笑)避けては通れないこと以外は、本当に何もしないようにしてます。

 

無理をしません。

 

しんどいな〜出来ないなぁ〜って思ったら、家事もしません。ゆっくりでも掃除した方が気持ち良いなぁって思えたら、休み休みやります。(あっ普段からかも?笑)

 

以前の私は違いました。がむしゃらに動いて努力して、苦労してなんぼでしょ?という考え方でした。

 

でも、そしたら、もう動けない・・・って、ある時なっちゃったんです。

 

お風呂にゆっくり入る時間を作りましょう。あったかいお風呂って、すごく守られてる気分になりませんか?

 

お気に入りのバスソルトを入れて、そこで思いっきり泣いたりしていますよ〜!

 

先日手に入れたヒマラヤのピンク岩塩

 

身体もあったまるし、スッキリするし一石二鳥なのです。そしてバスタイム後はオイルマッサージです。手のひらで温めたオイルで自分を大事大事〜!ってしてあげています。

 

自分を大切にする行動は、必ず心に響いていきます。ぜひお試しくださいね〜!

 

自分なりの心地よいを追求してみてください!

 

そんな時間作れないよ〜!忙しい!

 

こう思う方もいると思います。「生理だからって、仕事休めないし、やることいっぱいあんだよ!何言ってんの!?」って思われるかもしれません。

 

ちょっと、最初は意味が分からない!って言われることを覚悟して申し上げますと「あなたが、望んでいて、そうしたいんだね」ってことです。私たちは望んでいることしか叶わないようになっています。

 

絶対嫌!望んでない!って思ったら、現実は変わっていくはずです。

 

忙しい会社にいるのも、あなたが望んでいることだから。生理前、生理中でイライラして、しんどくても無理しちゃうのは、あなたがそれを望んでいるからです。

 

社会や会社や周りの人が強制しているのではありません。自分が望んでいるんです。

 

女性の自分を無視して、ムチ打っちゃってるんです。

 

これは、私自身も自分で言っていて耳が痛いことなのですが、もっと女性としての自分を大切にしないとなぁって思うんです。

 

だって、心が!身体が!そうなんですもの。それは変わらない事実です。

 

もしかすると、この記事に辿りついた あなたは「もう、なんとかしないさいよ!自分の感情、女としての自分をもっと大切にしなさいよ!」ってことなのかもしれません。 

 

そして、そんな方を実際にカウンセリングをするとしたら・・・

「お仕事って、天職って思えるくらい大切ですか?」とか

「いや、そんなに特にやりたいことじゃないんですけど」と返ってきたら

「じゃあ、なぜそんなにしんどい思いもして、そこにいるんでしょうか?」とか

「女性としての自分って、どう思いますか?最高!良い女!って感じますか?」とか

なぜだか、お母さんとの関係とか

子どもの頃どんな子どもだったか?とか

 

などなどなどなど、もっと!いろいろお聞かせいただいて、じゃあなぜ今の現実を選んでいるんだろう?ということを探らせていただきます。

 

理由を明らかにして、その理由の誤解を解いていき、現実を変えていくお手伝いをします。

 

私のお師匠さんの先生は、「カウンセラーは揚げ足とり」と言われるのです。笑

 

私も本当にそうだな〜と思い、嫌わないでほしいな!って思いながらも、聞いております。許してくださいね!

 

ちょこっと小話。月と女性の関係

 

女性の身体と月とは密接に関係しています。満月生理の人、新月生理の人って分かれていたりするのです。

 

あいみ
これを知った時の私は、なにそれ不思議〜!と思うと同時に、神秘的で、なんだか嬉しくなったんです

 

ぴったり同じではなくても、なんとなく満月と新月の近くで生理になる人多いんです。

 

私は、新月生理なので、その前の時期はゆったりして、新月の日にはアファメーションをして過ごしています。

 

アファメーションとは?

言葉の力で潜在意識を目覚めさせる。よく聞くのが引き寄せの法則かな?

何度も同じ言葉を繰り返し唱えたりすることです。

 

【まとめ】PMS時は、自分の心・身体を大切にして女性としての自分を大切にしよう!

 

イライラ、怒り・悲しみ・嫉妬などのネガティブな感情は、その存在を認めて出してあげることが大切!感情の処理、デトックス効果なのだと知ろう!

 

そして、それと同時に自分を労わるとき、大切にするとき、自分の女性を感じるときなのだと、捉えてみよう!

 

もっともっと、女性としての自分を大切にしよう!そう思える期間にしていけたら、とても素晴らしいときになりますね!

 

あなたがあなたを大切に出来るということは、実は周りの人にも優しいことです。

 

ちょっと女性が仕事するには、まだまだ厳しさもありますが、女性みんなで自分を大切に出来れば、現実は変わっていくと思うのです。

 

PMS、生理前、生理中の過ごし方の参考になれば嬉しいです!

 

PMS心との付き合い方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です