初回無料のお試しカウンセリングもご用意しております!

自分が年相応かどうか気になる時…問題は年相応か?ではないかも!?

年相応であること
The following two tabs change content below.
人が好きで、心の世界が大好き。みんな愛の存在だと思っている。お母さんが嫌い、お母さんが苦しい、母親との関係に悩む女性のためのカウンセラー 母親との関係を見つめ、癒し、自分自身の人生を送るためのお手伝いをしています。  
詳しいプロフィール  
◆LINE友だち登録 ◆Facebook  ◆Twitter ◆Instagram

リクエストへのご感想をいただきました!

 

元のリクエストは、こちらです。

結婚や出産で変わる友達関係。私は結婚していないし、仕事にもやりがいを持っていないし、趣味もないんです。

2017.03.13

 

読んで、ぽろぽろと泣きました。30歳っていう圧が凄いんです、本当に。

趣味にだって30代らしさがないとか思ってしまうし。

Googleで検索履歴とか「30代 〇〇」って年相応めっちゃ調べています。

タラレバ娘っていうドラマも見てて共感なさすぎて、ここのラインにすら立ててない私。

こうやって振り返ると焦りとその必死さに自分で笑えます。でもいつも真剣。またゆっくり何回も読み返します!

ありがとうございます。泣く機会もらえてよかったです。

 

涙には、カタルシス効果があります。心の浄化ですね。ご感想ありがとうございます!

 

ご自分でも「いつも真剣」と仰っていますが、本当にそう!いつも頑張っていらっしゃると思います!Mさんって、めっちゃ情熱いっぱいのエネルギッシュな人なんだろうなぁって感じます。

 

そんな自分をギューってしてくださいね!

 

あいみ
さらに、このご感想から、こんなこともあるかもしれないなぁと思ったことがあります。もう少し、私の気づきにお付き合いいただけると嬉しいです。

 

年相応かどうかは、関係ないなぁと私は思うんです。

 

  1. みんなから年相応に見られるし、自分も年相応だなと感じること
  2. 年相応に見られるかどうかなんて気にならないで、自分らしく生きること

 

どちらが良いですか?

 

多分、②の方が良いと思うのですけれども、どうでしょうか?

 

Mさんが①が良いのだ!と選ばれるのであれば、それで全てOKです!それがMさんにとっての真実です!

 

ここからは、こんなこともあるかもなぁ〜という、考え方の1つをご紹介いたしますね!

 

以前からある自己否定はないだろうか?

 

「私って年相応じゃない。どうしよう・・・」ということがメインの問題ではない場合もあるのでは?と考えます。

 

自分を否定するところって「年相応かどうか?」と考え出した、30歳になってから始まったことでしょうか?

 

年齢の節目を迎えて「年相応か、そうでないか?」と丁度よい問いが発生したのであって、 その前から自己否定が隠れていたんじゃないかなぁと・・・ 

 

その場合は、いくらGoogle先生に「30歳とは?」「30代とは?」を聞いて答えを教えてもらっても、あまり意味はないかなぁというところです。

 

「30代とは?」という定義に、正解はおそらく・・・ないですよね〜人の数だけあります。

 

もし、自己否定が隠れている場合は、その部分を見つめる・癒すということも有効なのですが、人それぞれなお話になってくると思いますので、今回は触れないでおこうと思います。

 

私の場合は、どうなんだろう?というリクエストはお待ちしていますよ〜こちらから→お問い合わせ

 

自分で、自分らしく、選んでいく必要がある!

 

Google先生に聞かずに、自分に聞く必要があります。

 

もちろん、そのGoogleの検索結果から「こんな30代を過ごしたい!めっちゃワクワクするわー!」を選ぶのはアリです。めっちゃ良いです!ツールとしてのGoogle先生は頼もしいですしね!

 

でも、もっと言えば年齢とか関係なく、誰にどう見られるかは関係なく、 いつも「今の私は、これがしたい!こんな私でいたい!素敵ー!」を選んでいくこと が大切です。

 

そう!常に選択です!終わりなき選択ですね。人生って!

 

「30代は、こうだ!」と決まっているものを受け取るのは、楽な面もあります。選ぶのって大変だし、勇気もいるし、自己責任だからです。失敗も怖いですし・・・(私も怖いです!声を大にして言いますけれど!)

 

でも、情熱的なガッツある方だと決められたら「はぁっ!?何言っちゃってんの?押し付けるんじゃないよ!」ってなりませんか?(私は、なっちゃうんです・・・怖がりのくせに。笑)

 

そんな方は、もし良ければ明日からGoogle先生に聞くのは、美味しいお店とか、オシャレな春服だけにしていただいて、そこから「自分がこれだー!このお店でこの料理食べたいー!」とか「これを着たいー!素敵!かわいい!」というものを選んでください。

 

もちろん、これは例なので、自分なりの興味のあることを選んでくださいね!また・・・

 

日々の生活の中でも常に「私は、今何が食べたい?」「今、何をしたい?」という本音を聞き、実際に選び、自分に与えてあげるというクセをつける!

 

オススメです!後は・・・

 

自分がやりたくなかったら「やりたくないし〜」ってあえてやらない。やった方が良いかも?ということでも。

 

今、これしなくても良いのだけれど、先にやった方が良い家事あるんだけど〜やりたい!と思うことをあえて先にやる!

 

これも、結構良いですよ。思っているほど大変なことにならないと思います。大変なことになったら、自己責任でお願いいたしますね!(おーい!笑)

 

私も「私って年相応じゃない!」って自分のこと嫌っていました。

 

あいみ
年相応かどうかは、私の中で議題に上ったことはなかったなぁ〜考えたことないなぁ〜

なるほどな〜そんな風に感じる人もいるのだな!やっぱり、自分の範囲の中で考えられることなんて、知れているなぁ。

人の数だけ、いろんな思いがあるなぁ〜勉強させていただいたなぁ!

 

思っていたのですけれど・・・

 

なんと!私、自分がクライアントとしてカウンセリングを受けた時に「大人の女性だという認識に乏しく、子どもっぽく振舞ってしまいます・・・」とカウンセラーさんにお伝えしたのでした。

 

当時、自分のことを子どもっぽく感じて、そんな自分を嫌っていました。

 

どの口が言っているのでしょうか? 本当に、自分の成長は忘れやすいものですね。いつの間にか、自分を子供っぽいと責めることがなくなっていました。 

 

なので、今回お伝えした方法は私も実行済みで、これからも続けたいなぁと思っています。なかなか効果がありますのでオススメです。

 

いろんなことに取り組んでいくと、きっと私みたいにスコーン!と忘れてしまう時がくると思いますので、自分の成長は都度都度、確認してくださいね!また新たな原動力になりますよ〜!

 

あなたの悩みや問題をお聞かせいただけませんか?

ご相談をいつでもお待ちしております。

ちょっと話してみたいな、聞いてみたいなということ、なんでもかまいません。

すると、ついつい文章が長くなる私が何倍にもして、ブログ記事の中で、お返事いたします。(個人情報に配慮の上)

愛未に記事のネタを提供してやるぜ!という優しい方も、ぜひご連絡くださいね!

お待ちしております!

悩みや問題を解決し幸せになるための『きほんのき!』

日々の生活の中で起こる様々な悩みや問題

どうやって解決したら良いの?

どう心と付き合っていけば良いの?

「助けほしい」って言えないんだけど!

そんな方に向けた心との付き合い方を

無料のE-BOOKにまとめました。


e-book image


年相応であること

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です